V36系スカイラインのバッテリー交換方法と注意点

スポンサーリンク
スカイライン

スカイラインのバッテリー交換をしたので方法と交換の注意点を紹介します。

作業したのはCKV36型のクーペのスカイラインです。

交換方法を紹介した後に、注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

V36系スカイラインのバッテリー交換方法

メモリーバックアップ

まずはバッテリー交換前にメモリーバックアップを取ります。

メモリーバックアップについて詳しくは別ページで紹介しています。

バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

使うのはOBDⅡカプラーからとれる簡単なものです。これをやるだけでトラブルを未然に防ぐ事が出来ます。

スカイラインのOBDⅡは運転席下に隠されています。

メモリーバックアップを取ったらいよいよバッテリー交換です。

バッテリー交換

バッテリーはボンネットを開けたエンジンルーム内の助手席前あたりにあります。

下の写真の黄丸の位置です。

黒いプラスチックのカバーを取り外すと中にバッテリーがあります。

マイナス端子⇒プラス端子の順番でバッテリー端子を外していきます。

※プラス端子は赤いカバーで覆われているのでカバーを外す必要あります。

バッテリーを固定しているステーを外します。

ステーを外したら、バッテリーを取り外せるようになります。

見た目以上に重量があるので、取外しの際は腰を痛めないように注意しましょう。また、取外し中に落下させてボディに傷をつけたり、足の上に落としたりして怪我をしないように細心の注意を払いましょう。

新しいバッテリーを載せたら、取り外した時とは逆の手順でマイナス端子⇒プラス端子の順番で組み付けます。

バッテリーの取付が完了したら、プラスチックのカバーを取り付けて作業完了です。

OBDⅡのメモリーバックアップを外せば作業完了です。お疲れ様でした。

V36系スカイラインのバッテリー交換時の注意点

スカイリンのバッテリー交換する際の注意点です。

メモリーバックアップをとる

V36スカイラインのバッテリーを交換する時はメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。
バックアップをしておかないと学習していたエンジンコンピューターがリセットされて、エンジンの調子が悪くなる可能性があるので注意が必要です。

詳しくは下記をご覧下さい
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

端子の取外し・接続順序

バッテリー端子を外す時は
マイナス端子を外してからプラス端子を外すようにします。

接続する時は取外しとは逆に、
プラス端子を接続してからマイナス端子を接続するようにします。

組み付け時の注意

  • ネジやナットの締め忘れや、クリップなどの付け忘れに注意する

V36スカイラインのバッテリー選びは大切

電装品を多く使い、エンジンコンピューターで制御されているスカイラインのバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。
とくにアイドリングストップ対応のバッテリーを使用しないと容量が足らずにバッテリー上がりなどの原因になりかねません。

※ホームセンターやカー用品店などで単に安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。

バッテリー専門店のカーエイドなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配も無く、安心して購入出来ます。

スカイライン専用のバッテリーは下のバナーから検索出来ます。
車検証を手元に用意すると検索がスムーズです。

さらに、万が一に備えてJAF会員になっておけばバッテリー上がりはもちろん、それ以外のトラブルにも対応出来ますね。

JAF

タイトルとURLをコピーしました