35ステージア、34スカイラインの純正ブースト計の修理(純正3連メーター)

スポンサーリンク
スカイライン

M35型ステージア(純正ターボモデル)に搭載されている純正3連メーターのブースト計(ターボメーター)が動かなくなっていたので修理しました。

同年式のスカイライン(ER34など)のターボ車などの3連メーターを搭載している車種によくみられる不具合らしいので原因とその修理方法をご紹介します。

スポンサーリンク

日産純正3連メーターのブースト計はセンサー基盤が弱い

ブースト計(ターボメーター)が動かない原因と言えば、メーター自体の不良や、ホースが抜けている事があるのが通常考えられるものだと思いますが、どうやら今回のような日産純正の3連メーターはエンジンルーム内にあるブースト計のセンサーの基盤が弱く、接触不良を起こしやすいという事が分かりました。

ブースト計センサー基盤の修理方法

35ステージアの場合エンジンルームのこの位置にあります。

アップにします

この楕円形の黒いやつです

センサーはボルトを外して差さっているカプラーを外せば簡単に外せます。

外れました

分解します

この基盤の3つのハンダ部分が接触不良を起こしているようなので、ハンダを付け直します。

処置完了(写真では分かりずらいです)

ハンダを着けなおしたら元の通りに組み付けて完了です。

無事にブースト計が動きました

ブースト計が動かなくなる原因

今回の場合はセンサーの基盤の接触不良が原因でしたが、ブースト計が動かなくなる原因は他にも考えられるので主な原因をご紹介します。

  • ブースト計本体の故障
  • ブースト計の配線類の接触不良
  • ホースの劣化による割れや、抜け
  • タービンの故障

大体ホースの劣化や抜けが原因であることが多いと思います。

ブースト計が動かなくなったら簡単に確認出来る部分からチェックしていきましょう。

最後までご覧頂き有難うございました
この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪
こちらの記事も読まれています
スカイラインステージア
管理人をフォローする
車ネタ.com
タイトルとURLをコピーしました