GP3型フリードハイブリッドのテールレンズの取外し、取付、交換方法

フリード

フリードハイブリッドに取り付けられていた純正のLEDテールレンズを取り外して社外のLEDテールレンズを取り付けたので紹介します。

作業したのはGP3型のフリードハイブリッド【ジャストセレクション】です。
テールレンズの交換方法自体はハイブリッドもガソリン車も共通かと思います。
※仕様・グレードにより作業内容は異なる可能性もございます。

取り付けたのは【レヴィーア】の [クリアレンズ/インナークローム][流星バージョン]です。

適合が、GB3/4 フリード・フリードスパイク/GP3フリードハイブリッドとのことなので、やはり作業内容はハイブリッド車もガソリン車も共通のようです。

スポンサーリンク

GP3型フリードハイブリッドのテールレンズ交換方法

こちらの左右のテールレンズを交換します。

右側を作業したのちに左側を作業致します。

右側テールレンズ交換

ゲートを開けて、テールレンズ部分を見ると2本のボルトで固定されていますので外します。

続いて室内からテールレンズ裏あたりのトリムを見るとこの蓋があるので外します。

中をのぞき込むと上にカプラーがあります。
これがテールレンズ用の電源カプラーとなりますので外します。

続いて傷防止の為に養生テープ(マスキングテープ)などでボディ、バンパーを保護します。

内貼りはがしを使って無理な力を加えないように慎重にうまい具合に外していきます。

落下に注意するように支えながら外します。

黒いゴムの防水キャップで蓋してあるので外します。剥がすような感覚で外すと良いです。

外してそのまま慎重に配線を引き抜くと先ほど外したカプラーが出てきます。

左側テールレンズ外し

続いて左側です。
ウェザストリップゴムを一部外します

下側の内張りを浮かせます

すると右側にあったような白いコネクターがあるのでこれを外します。

続いてテールレンズを固定しているこのネジを外します。

右側同様にボディに傷が入らないように養生テープ(マスキングテープ)などでボディを保護します

内貼りはがしを使って上手い具合に真後ろに引き抜くように外します。

黒いゴムの防水キャップを外して配線を引き抜くと外せます。

組み付け

純正品とこれから取り付ける【レヴィーア】の [クリアレンズ/インナークローム][流星バージョン]です。

左右ともに取り付けは逆手順で取り付けます。

注意
黒いゴムの防水キャップの取付をしっかり行わないと室内へ雨水が入ってくる恐れがあるので注意します。

カプラーの付け忘れや、はめ込みの甘さ、ネジの閉め忘れなどに注意します。

完成

左右とも取り付けたら完成です。
テールレンズを替えるだけでリアビューが刷新されますね!

点灯させるとこんな感じです。

活躍した工具

10mmのソケットドライバーはあると便利です

内貼りはがしはマストです。プラスチック製ならボディに傷を付ける可能性も低くなります

取り付けたのは【レヴィーア】の [クリアレンズ/インナークローム][流星バージョン]です。

流星バージョンは設定を変える事で流れるウィンカーにすることも出来ます。
※今回は通常点灯で取り付けました。