スパークプラグを交換しないとどうなるか?

点検や車検の際に整備工場に愛車を出した時、見積もりの際に【スパークプラグの交換】を勧められたことありませんか?

理由もわからないで「お願いします」なんて言うのも気が引けますよね。
そこでなんでスパークプラグの交換が必要なのか?をご説明致します。

スポンサーリンク

そもそもスパークプラグとは?

まずは形から。
これがスパークプラグです。
pragu

スパークプラグの役目はとても大切で、【エンジンが動くために火花を出す】ということです。

これは、車のエンジンが動くのに必要不可欠な3要素のうちの一つです。
エンジンが動くのに必要な3要素
・いい混合器
・いい圧縮
・いい点火

この中の「いい点火」にスパークプラグが出す【火花】が必要になるわけです。

火花は写真の赤いまるの部分から出ます。
densoiridium

その火花がいい圧縮された混合器に点火することによってエンジンが元気に動いてくれるわけです。

なぜ交換が必要になるのか?

ずっと使い込んだスパークプラグは火花が出る電極(通称:ギャップ)がどんどん減っていってしまい、最終的にいい火花が出なく、【失火】してしまいます。

失火してしまうと、3要素の「いい点火」が出来なくなってしまいます。
いい点火が出来ないとどうなるか?
・加速が悪くなる
・アイドリングが不安定になる
・燃費が悪くなる
・エンジンが掛からなくなる
など、良い事は一つもなくなります。

使い込んだスパークプラグは写真のように火花を出すギャップが無くなってしまいます。
DSCF8741

こうなってからでは、上記の不具合が出てきますので、こうなる前に交換が必要になります。
その為、点検や車検の際にチェックした整備士が交換を勧めるわけなんですね!

交換の目安

スパークプラグの交換は自分の目で確認することが難しいので大体の距離で判断しましょう。
走り方や環境で変わりますが、だいたい2万km~3万kmごとに交換が必要になることが多いです。

エンジンの掛かりが悪くなったり、燃費が悪くなってきたと感じたら、
整備工場で「プラグを見てください」って言うといいかもしれませんね!

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪

スポンサーリンク

フォローする