R2のバッテリー交換

R2

スバルR2のバッテリー交換方法を写真付きで紹介いたします。

スバルのR2であれば型式はRC1、RC2共通です。
またグレードもI、R、S、レフィなど不問です。
r2

R2のバッテリー交換方法

始めに電装品の保護の為、メモリーバックアップを取ります。
※必須作業ではありませんが、トラブルを避けるためにはやることをお勧め致します。

バッテリー取り外し

R2のバッテリーはボンネットを開けてエンジンルームを見れば右側にあるのですぐに分かります。
DSCF7680

まずはバッテリーを支えてるステーを外すために左右で止められてるナットを外します。
DSCF7686

DSCF7688

うまく工具を使い分けながら外して、ステーを外します。
DSCF7690

次にバッテリーのマイナス端子を外します。
DSCF7691

次にプラス端子を外します。
プラス端子はこの赤いカバーで隠されています。
DSCF7693

カバーを開けます
DSCF7695

するとプラス端子が見えるのでこれを外します。
DSCF7696

ステーと、プラス、マイナス端子を外したらバッテリーを持ち上げれば簡単に外れます。
少し重いので、腰に気を付けてください。

バッテリー取付

取り付ける時はバッテリーステーをうまく動かしながらバッテリーを置いて固定します。
DSCF7711

DSCF7712

端子を接続する時はプラスを先に接続して、最後にマイナス端子を接続します。
E (1)

DSCF7691

簡単なので是非チャレンジしてみてください。

R2のバッテリー交換の注意点まとめ

最後にR2のバッテリー交換時の注意点をまとめました。

メモリーバックアップをとる

バッテリー交換時はメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。

バックアップをしておかないと学習していたエンジンコンピューターがリセットされて、エンジンの調子が悪くなる可能性があるので注意が必要です。
詳しくは別記事でも紹介しています。

端子の取外し・接続順序

バッテリー端子を外す時は
マイナス端子を外してからプラス端子を外すようにします。

接続する時は取外しとは逆に、
プラス端子を接続してからマイナス端子を接続するようにします。

マイナスで始まってマイナスで終わる」と覚えましょう。

R2のバッテリー選びは大切

エンジンコンピューターなどの重要な電装品を装着するR2のバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。

バッテリー専門店のカーエイドなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配も無く、安心して購入出来ます。

R2のバッテリーは下のバナーから購入出来ます。
※車検証をお手元に用意してご確認下さい。

※ホームセンターやカー用品店などで単に安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。

最後までご覧頂き有難うございました
この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪


保険の見直しは定期的に実施しましょう


こちらの記事も読まれています
R2
管理人をフォローする
車ネタ.com
タイトルとURLをコピーしました