50系エスティマのバッテリー交換方法

エスティマのバッテリーがあがってしまったので交換しました。

バッテリー交換

50系(ACR50、ACR55、GSR50、GSR55など)のエスティマであればグレードはアエラス、G、Xでも作業は共通です。
キャプチャ

バッテリーはエンジンルームの右側にあります。
DSCF3054

まずは手前の黒いカバーを取り外します。
DSCF3058

DSCF3060

DSCF3062

バッテリーのマイナス端子を外します。
DSCF3064

赤いカバーを外してプラス端子を外します。
DSCF3068

バッテリーを固定しているステーを外します。
DSCF3072

DSCF3075

ステーに配線が固定されていたので外します。
DSCF3083

DSCF3086

これでバッテリーを取り外せる状態になります。
DSCF3089

新しくバッテリーを取り付けて、ステーやカバーを取りつければ完成です。

端子を取り付ける際は、プラス端子を接続してからマイナス端子を接続します。
DSCF3097

バッテリー交換時の注意

エスティマのバッテリー交換時に電装品のトラブルを回避する為にメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。
http://kurumaneta.com/2016/09/battery-obd2-backup/

50系エスティマのバッテリー選びは大切

パワースライドドアやエンジンコンピューターなどの重要な電装品を装着するエスティマのバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。


※ホームセンターやカー用品店などで単に安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。

バッテリー専門店のカーエイドなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配も無く、安心して購入出来ます。

エスティマのバッテリーはコチラのバナーから検索出来ます↓

さらに、万が一に備えてJAF会員になっておけばバッテリー上がりはもちろん、それ以外のトラブルにも対応出来ます!

JAF