150系プラドのホーン(クラクション)交換方法【マルコ・ハイウェイホーン】

後期型150系プラドの純正ホーン(クラクション)をマルコホーンのハイウェイホーンに交換しました。

ホーン交換にはグリルを外す必要があります。

グリルを外す方法は別の記事で紹介していますのでご参照ください。
後期型150系プラドのグリル交換方法

スポンサーリンク

150系プラドのホーン交換方法

グリルさえ外してしまえばホーン交換はとても簡単です。
DSCF0474

純正ホーンはここについています。
DSCF0474

DSCF0491

純正ホーン外し

配線がカプラーで付いているので外します。
DSCF0499

DSCF0501

あとはステーがボルトで留まってるので外すだけです。
DSCF0497

DSCF0502

2個とも同じ作業で取り外せます。
DSCF0504

ホーン取付

取り付けるのはマルコホーンのハイウェイホーンです。
昔のベンツのような音が出ます。

DSCF0493

配線加工が必要でしたが、無事取付完了しました。
DSCF0507 (3)

DSCF0507

DSCF0511

DSCF0514

DSCF0518

電装品は+と-が繋がれば作動するはずなので、それだけ間違えないように、接触不良に気を付けるように取付ければOKです。

注意

このマルコホーンのハイウェイホーンですが、かなりでかいです。

プラドの純正品と比べてもこの差があります。
DSCF0506

車種によっては取り付けるスペースが無くて取り付けられない可能性もあるので、サイズ、スペースは要ご確認下さい。

マルコホーンはレクサス純正ホーンも出しているのでそちらならサイズも小さくオススメです。

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪

スポンサーリンク

フォローする