SG系フォレスターのマフラーの取外し方(脱着・交換方法)

フォレスター

フォレスターのマフラー交換をしましたので紹介致します。

作業したのはSG5型のフォレスターです。

同じSG系であればグレード違えど作業内容は共通になるかと思いますのでご参照ください。

スポンサーリンク

SG系フォレスターのマフラー交換方法

こちらのマフラーを外していきます。

輪留めをし、ジャッキで持ち上げたらしっかり馬を掛けておきます。
また、MT車の場合はギヤをバックに入れておきましょう。

こちらのリアピースを外していきます。

マフラー自体は2本のボルトで固定されているだけです。

SG系のように年式が経っていたりすると、サビなどで固着している場合が多いです。
無理にはずそうとしないで、556やハイルーセンなどの潤滑油をボルト部に差すと外れやすくなります。
※潤滑油を差したらしばらく放置させて浸透させた方が効果的です。

外していきます。

ボルトを外してパイプと分離すると、ハンガー(黒いゴム)で宙ぶらりんになります。

ハンガーにはボルトのフックが刺さっているだけです。
こちらも潤滑油を差すとスムーズに取り外せるようになります。

固い場合はプライヤなどを用いると外しやすいです。

もう片方も同じように外します。

外れると落ちるので支えながら外しましょう。

外れました。

マフラーがなくなりさっぱりしています。

組み付ける際は、取り外したのと逆の手順でハンガーで宙ぶらりんにしてからパイプと固定するようにします。

その際、マフラーのガスケットが古くなっていたら交換しておくと排気漏れの予防になります。

また、潤滑油を使った場合、エンジンをかけてマフラーが熱くなると、潤滑油が焼ける臭いがしますが、しばらく走って焼き切ると臭いはなくなります。

使用したもの

ジャッキ

馬(ジャッキスタンド)

輪留め

潤滑油

プライヤ

注意

ジャッキアップして下にもぐりこみボルトを外しますが、錆などで固くなっていると力を入れて作業することになります。
危険防止の為にも確実に車が動かないように固定しておく必要があります。

純正から社外品に替える場合、フジツボのマフラーなら車検も通るし定番でいいですね!

マフラーを選ぶ際はターボあり・ターボなしの設定がある場合があるのでチェックしておきましょう。