三菱i(アイ)のバッテリー交換方法と注意点

三菱の軽自動車i(アイ)のバッテリー交換をしましたので、作業方法と、その際の注意点を紹介します。

作業したのはHA1W型式のiです。
グレードはLXグレードですが、同型式のアイであれば作業内容は共通のはずです。

スポンサーリンク

i(アイ)のバッテリー交換方法

i(アイ)のバッテリーはエンジンルームのこのボックスの中にあります。

メモリーバックアップを取る

まずは電装品のトラブル防止の為にメモリーバックアップを取ります。

使うのはOBDⅡから電源を共有するものです。

i(アイ)のOBDⅡカプラーは運転席のここにあります。

下からのぞき込むとすぐ分かります。

ここにカプラーを差してバックアップします。

※メモリーバックアップの詳細は別記事にて紹介しています
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

バッテリー交換

先ほどのエンジンルームのボックスを外します。
ボックスは左右に爪で固定されているだけなのでカンタンに外れます。

爪を外したら上に上げればカパッと外れます。

バッテリーが出てきました。

バッテリーはステーで固定されているので、そのステーを外す必要があります。

ナットで固定されているので外していきます。

片側を外したらうまい事反対側も外します

ステーを外したらつづいてマイナス端子を外していきます。

マイナスを外したらプラス端子を外します。
プラス端子は赤いカバーに隠されているので開けて外します。

ここまで外したら、バッテリーを上に持ち上げれば取り外せます。
※重いので腰を痛めないように注意します

組み付ける歳は取り外した時とは逆に、プラス端子⇒マイナス端子の順番で接続します。

ステーでしっかり固定したら、最初にはずしたボックスを被せて完成です。

HA1W型i(アイ)のバッテリー交換の注意点まとめ

最後にHA1W型i(アイ)のバッテリー交換時の注意点をまとめました。

メモリーバックアップをとる

i(アイ)のバッテリー交換時はメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。
バックアップをしておかないと学習していたエンジンコンピューターがリセットされて、エンジンの調子が悪くなる可能性があるので注意が必要です

最近の車はコンピューター制御になっているので、この辺に気を使わないと大きなトラブルの原因になりかねません。

詳しくは下記をご覧下さい
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

端子の取外し・接続順序

バッテリー端子を外す時は
マイナス端子を外してからプラス端子を外すようにします。

接続する時は取外しとは逆に、
プラス端子を接続してからマイナス端子を接続するようにします。

i(アイ)のバッテリー選びは大切

エンジンコンピューターなどの電子制御部品を多く使うi(アイ)のバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。


※ホームセンターやカー用品店などで単に安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。

バッテリー専門店のカーエイドなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配も無く、安心して購入出来ます。

i(アイ)専用のバッテリーは下のバナーから検索出来ます。
車検証を手元に用意すると検索がスムーズです。

さらに、万が一に備えてJAF会員になっておけばバッテリー上がりはもちろん、それ以外のトラブルにも対応出来ますね。

JAF

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪

フォローする

スポンサーリンク