ダイハツ、タントのキーレスリモコンキーの電池交換方法

スポンサーリンク
タント

ダイハツの軽自動車、タントの鍵(リモコンキー・キーレス・インテリジェントキー・キーフリー・スマートキー)のボタン電池の交換方法を写真つきで解説します。
電池が切れてカギのロック・アンロックが出来なくなってしまったら参考にしてください。

キャプチャsss

タントの型式はL350S・L360S系となります。

スポンサーリンク

タントのキーレス電池交換

IMG_9900

グレードはL・X・RS・VS・カスタムL・カスタムX・カスタムRS・ハッピーエディションなど、写真と同じタイプのスマートキーであれば作業は同じです。

IMG_9901
IMG_9902

まずは、スマートキーのてっぺんに付いているつまみをスライドしながら、横に付いている鍵を取り出します。

IMG_9903

次に、同じようにスマートキーのてっぺんに付いているつまみをスライドしながら、ダイハツのマークが付いているカバーをスライドさせます。

IMG_9904

そのままスライドさせながらカバーを外すと小さいネジが4本見えます。

この小さいネジ4本を精密ドライバーを使って外します。
ネジ山をつぶす可能性があるので必ずサイズの合った精密ドライバーを使用します。

IMG_9905
IMG_9909

とても小さいネジなので紛失しないように気を付けてください。

IMG_9906

そしてそのネジの付いていたカバーを取るとボタン電池が見ます。

IMG_9907

爪の付いていない方を持ち上げるよにして、軽くスライドしながら取り出します。

IMG_9908

するとボタン電池が取り出せますので、電池の型式を確認します。
タントのリモコンキーのボタン電池の型式はCR2032です。

IMG_9907

新しいボタンを入れます。
外した時とは逆にスライドしながら取り付けます。

IMG_9905

あとは分解したときと逆の手順で組み付けていけば完成となります。

確認

全て組み付け終わったらキーレスのボタンを押して鍵がロック・アンロックできるか確認しましょう!

電池切れても再セットアップは不要なので、使えるようになっているはずです。

万が一作動しない場合は再度分解、組み付けをしてみましょう。
それでも動かなければキーレスの故障か、車両側のコンピュータの故障が考えられるのでディーラーで点検されることをオススメします。

以上、精密ドライバーがあれば自分で作業出来ます。

最後までご覧頂き有難うございました
この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪


保険の見直しは定期的に実施しましょう


こちらの記事も読まれています
タント
管理人をフォローする
車ネタ.com
タイトルとURLをコピーしました