PR

LA600Sタント/タントカスタムのドア内張りの外し方

スポンサーリンク
タント
記事内に広告が含まれています。

タントカスタムのドアトリム(ドア内張り)を外したので紹介します。

作業したのはLA600S型のタントカスタム(前期型)です。
同型系のタントであれば作業内容は概ね共通です。
※一部仕様グレードにより作業内容が異なる場合があります

スポンサーリンク

600系タントカスタムのドアトリムの外し方

こちらのドアトリムを外します。
左側の作業となりますが右側も同等の作業内容となります。

三角のツイーターカバーを外して、ツイーターのカプラーを外します。
カバーはクリップではめ込まってるだけなので内張はがし等を使用すれば簡単に外れます。
※グレード等によりツイーターが付いていない仕様もあります。

続いてネジ、クリップを外していきます。
ネジは赤丸の位置、クリップは黄色四角の位置にあります。

まずはネジを外していきます。

ドアインナーハンドルのネジはそのまま外すだけです

残りのねじ2本はアームレストとパワーウィンドウスイッチパネル内にあります。

アームレストを内張はがしを使用して取り外します。

つづいてパワーウィンドウスイッチパネルも同様に外していきます。

パワーウィンドウスイッチの裏にカプラーがあるので外します。

んでこの2本のネジを外します

あとは先ほどのトリムの外周にあるクリップがドアパネルにささって固定されているだけなので、下側から内張はがし等を使用して隙間を作って垂直方向へ力を入れて外します。

クリップ部が全て外れると、ドアトリムの上部がドアパネルに引っかかって落ちないようになってるので真上に持ち上げるようにすると、ドアトリムが外れます。

尚、外周についていたクリップはドアパネル側に残ってしまう場合があるので、その際はドアパネルから取り外して、ドアトリムの方へ付け替える必要があります。

今回もほとんどのクリップがドアパネル側に残ってしまいましたので、外して付け替えました。

ドアトリムを外すことで、ドアミラーの交換、ドアスピーカーの交換、パワーウィンドウの修理、ドアロックの修理など、ドアに取り付けられている部品に関わる作業が出来るようになります。

作業はドライバーなどの工具に加えて内張はがしがあると便利です。

最後までご覧頂き有難うございました!

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪
保険の窓口インズウェブ

自動車保険は比較で「安くなる」!
保険の窓口インズウェブならリアルタイムでも簡単一覧比較!
最大20社から一括見積!
一番安い自動車保険を探そう!

中古車買取カーネクスト

「カーネクストが買うわ!」
CMでおなじみのカーネクスト!
どんな車も0円以上買取保証!
来店不要の簡単査定♪

タント
車ネタ.com
タイトルとURLをコピーしました