レガシィツーリングワゴンのアプライドモデルの見分け方

スバル

スバルの人気車種、レガシィツーリングワゴンですが、同じ型式でもアプライドモデルというモデルで小分けされています。

DSCF5666

車種:レガシィツーリングワゴン
年式:18年
型式:CBA-BP5

アプライドモデルを見るにはコーションプレートを見るとすぐに分かります。

コーションプレートはエンジンルームにあります↓

DSCF6308

エンジンルームを開けて左のストラットの付け根にあるシルバーのプレートがコーションプレートになります。
コーションプレートにはアプライドモデルの他にも、車体番号やエンジン型式、カラーコードも載っています↓

unnamed (1) - コピー

上のコーションプレートのアプライドモデルの欄に【BP5D5BV】と記載されています。このBP5のすぐ後のアルファベットがアプライドモデルになります。
なのでこの場合はD型ということになります。

他のレガシィツーリングワゴンも見てみましょう

DSCF5026

車種:レガシィツーリングワゴン
年式:16年
型式:TA-BP5

DSCF5168

こちらは【B型】というのが分かりますね!

ではここで問題です。
次のレガシィツーリングワゴンのアプライドモデルは何型でしょうか?

DSCF2818

DSCF3103

分かりましたか?
答えは下の動画の下に記載しておきましたので答え合わせをしてみてください

では答えです・・・

答えは・・・C型でした!

簡単でしたね(^^;

このようにアプライドモデルは簡単に分かりますので、是非チェックしてみてください。
ちなみにツーリングワゴンだけでなく、アウトバックやB4も同じなのはもちろん、インプレッサも同じ位置です。

おまけ:レガシィのサーキット走行動画