30系エクストレイルのフロントドア内張り剥がし方法【画像あり】

30系エクストレイルのフロントドアの内張りを外しましたので紹介します。

この方法が分かるとドアスピーカー交換やドアウィンドウのモーターを交換する時などに役立ちます。

作業したのは30系のエクストレイルです。
33

スポンサーリンク

30系エクストレイルのフロントドア内貼りの取外し方法

作業したのは左側のフロントドアですが、右側も概ね同じ作業内容なのでご参照ください。
DSCF3323

まずはこのパワーウィンドースイッチが付いているパネルを外します。
DSCF3324

内張り剥がしを使って傷を付けないように浮かせるようにして外していきます。

DSCF3326 (6)

DSCF3326 (9)

するとパワーウィンドースイッチが付いたパネルが外れます。
スイッチの裏側にカプラーが付いているのでコチラを外します。
DSCF3326 (10)

すると4つのボルトが見えるので外します。
DSCF3326 (26)

次にドアインナーハンドルパネルの枠を内貼りはがしを使って外します。
DSCF3327 (3)

DSCF3327 (5)

あとはドアの内張りがクリップでドアパネルにはまってるだけなので、内貼りはがしを使って浮かせながら垂直方向に力を入れて外していきます。
DSCF3329

一番上部が引っかかってるのでクリップを外したら最後は上方向に上げるようにして外します。
DSCF3367

これでフロントドアの内張りを外すことが出来ました。
DSCF3369

この状態ならドアスピーカーの交換やデッドニング施工、パワーウィンドーモーターの点検や交換などの整備も出来るようになります。

組み付け

組み付ける際は、分解と逆の手順で組み付けていけばOKです。

クリップの付け忘れや、カプラーの入れ忘れに注意しましょう。

スポンサーリンク
アドセンス336*280