日産ジュークのバッテリー交換方法と注意点

日産ジュークのバッテリーを交換したので、その方法と、交換時の注意点を紹介します。

作業したのはYF15型のジュークです。

同型のジュークであれば他グレードでも作業内容は概ね同じなのでご参照ください。

スポンサーリンク

ジュークのバッテリー交換方法と注意点

最初にOBDⅡカプラーからメモリーバックアップを取ります。

メモリーバックアップはについて詳しくは別ページにて紹介しているのでご覧ください。
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

ジュークのOBDⅡカプラーは運転席ハンドル下のこのあたりを下からのぞき込めば分かります。

メモリーバックアップについては先ほど紹介したページをご覧ください。

メモリーバックアップを取ったらバッテリー交換作業に入ります。

ジュークのバッテリーはエンジンルーム内のこの位置にあります。

これがバッテリーです

はじめにマイナス端子を外します。

フレックス(首振り)のラチェットレンチは使い勝手が良く、オススメです。

続いてプラス端子を外します。
この赤いカバーを外す事で端子が出てきます。

続いてこのバッテリーを固定しているステーを取り外します。

両サイドを固定しるナットがあるので、それらを緩めます。

ソケットドライバーもオススメな工具の1つです。
良く使う10mmサイズだけでもあると便利です。

緩めるとステーに取り付けられているロッド(棒)が動かせるようになるので、うまい具合に外します。

ステーを外したらバッテリーを外せるようになるので新しいバッテリーと載せ替えます。

バッテリーの載せ替えが完了したら、取外しとは逆の手順で組み付けていって作業完了です。

バッテリーは見た目以上に重いです。
載せ替えの際は、腰を痛めたり、落下させたりしないよう十分に注意しましょう。

日産ジュークのバッテリー交換の注意点まとめ

最後にジュークのバッテリー交換時の注意点をまとめました。

メモリーバックアップをとる

ジュークのバッテリーを交換する時はメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。
バックアップをしておかないと学習していたエンジンコンピューターがリセットされて、エンジンの調子が悪くなる可能性があるので注意が必要です

詳しくは下記をご覧下さい
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

端子の取外し・接続順序

バッテリー端子を外す時は
マイナス端子を外してからプラス端子を外すようにします。

接続する時は取外しとは逆に、
プラス端子を接続してからマイナス端子を接続するようにします。

日産ジュークのバッテリー選びは大切

エンジンコンピューターで制御されているジュークのバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。


※ホームセンターやカー用品店などで単に安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。

バッテリー専門店のカーエイドなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配も無く、安心して購入出来ます。

ジューク専用のバッテリーは下のバナーから検索出来ます。
車検証を手元に用意すると検索がスムーズです。

さらに、万が一に備えてJAF会員になっておけばバッテリー上がりはもちろん、それ以外のトラブルにも対応出来ますね。

JAF


最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪

フォローする

スポンサーリンク