旧型ジムニーの排気温警告灯が点灯した時の対処法

旧型ジムニーでありがちな排気温警告灯(チェックランプ)の点灯の対処法を紹介します。

作業したのはJB23型のジムニーシエラですが、
構造的にはJA11やJA22などのジムニーも同じなので参考にご覧下さい。

排気温チェックランプ点灯のほとんどの場合は排気温センサーの異常です。
恐らく経年劣化が理由でしょう。

排気温度の上昇によってセンサー部が溶けて警告灯が点く仕組みになっています。
しかし、センサーが劣化しても溶けた状態と同じように警告灯が点くようになってしまう事があるようです。
(ほとんどが劣化が原因らしいです)
スポンサーリンク

ジムニーの排気温チェックランプ点灯の対処法

対処法としては、センサーの配線をアースに落とすことでチェックランプを消すことが出来ます。
※ただしこれは修理しているわけではなく、あくまでもチェックランプ点灯の対処となります。

マフラーをたどっていくと排気温センサーがあります。

これでもかというほど錆びに錆びています。恐らく劣化してセンサーが反応しているんでしょう。

センサーをたどるとカプラーがあるので抜きます。

車両側のカプラーについてる電極をアースに落とします。

必要に応じて配線を作ります。
※今回はありあわせの配線を繋げて作りました。

カプラーから配線を取り出して、、、

そのままボディアースに落とします。

これで排気温警告灯が消えました。