NCP81系シエンタのバッテリー交換方法と注意点

シエンタのバッテリーを交換したので紹介します。

作業したのはNCP81型のXグレードのシエンタです。
sienta
NCP85型でも他のグレードでも構造は同じなので作業内容は共通となります。

NCP81系シエンタのバッテリー交換方法

メモリーバックアップ

最初にOBDⅡカプラーを使って、メモリーバックアップをしておきます。
メモリーバックアップの詳しい内容は下の記事をご覧ください。
http://kurumaneta.com/2016/09/battery-obd2-backup/

シエンタのOBDⅡカプラーはここにあります。
dscf7454

dscf7458

バッテリーの交換

ボンネットを開けてバッテリーの位置を確認します。
シエンタのバッテリーはエンジンルームの右側(助手席側)にあります。
dscf7003

まずはバッテリーを固定しているバッテリーステーを外します。
dscf7463

dscf7465

次にマイナス端子を外します。
dscf7462

プラス端子も外しますが、プラス端子は赤いカバーで隠されています。
dscf7469

dscf7471

以上を全て外すと、バッテリーを持ち上げるとそのまま取り外せるようになります。

バッテリーを外したら新しく取り付けるバッテリーを搭載して、外した時とは逆にプラス端子⇒マイナス端子の順番で取り付けます。
dscf7474

最後に、メモリーバックアップを取り外します。

各電装品の動作確認をしたら完成です。

NCP81シエンタのバッテリー交換時の注意

この型のシエンタはエンジンコンピューターなどの電装品を使用しているので、最初に紹介したメモリーバックアップをしてから作業するようにします。

また、ホームセンターで売られているバッテリーは耐久性に疑問がありますので、下記で紹介しているバッテリーを使用する事をオススメ致します。

NCP81系シエンタにお勧めのバッテリー

コンパクトカーながらに電動スライドドアなどの大きな電気を使う電装品を使用しているシエンタに使われるバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。

ここなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配もございません。

また、ホームセンターなどで安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。
バッテリーの購入は専門店でどうぞ!

シエンタのバッテリーはコチラのバナーから検索出来ます↓



さらに、万が一に備えてJAF会員になっておけばバッテリー上がり以外のトラブルにも対応出来ます!

JAF