L375系タント(カスタム共通)のパワーウィンドースイッチ交換方法

タントのパワーウィンドースイッチが壊れてしまったので交換しました。

タントの型式はL375S・L385Sです。2WDか4WDかの違いになりますので、基本的な構造は変わりません。
今回作業したのはカスタムXになります。
tant
グレードもL、X、G、カスタムL、カスタムX、カスタムRS、スペシャルやリミテッドなど特別仕様車を含み全て作業は変わりません。

スポンサーリンク

L375系タント(カスタム共通)のパワーウィンドースイッチ交換方法

フロントドアの内張りにある、パワーウィンドースイッチが着いているパネルを確認します。
この型のタントは内張りを取り外さなくても、この赤い丸の部分だけ外れます。
DSCF1288

パワーウィンドースイッチがついているパネルはクリップで着いているだけなので内貼りはがしなどを使って端から浮かせます。

DSCF1291

DSCF1294

DSCF1295

DSCF1297

クリップが外れたことを確認したらそのままパネルを浮かせて取り外します。
DSCF1298

DSCF1300

裏にカプラーが繋がっているので、外してドアと完璧に分離させます。
DSCF1302

カプラーが繋がっていたところが、パワーウィンドースイッチになりますので、この2本のネジを外して新しいパワーウィンドースイッチと交換します。
DSCF1306

新品のスイッチを用意しました。
純正のパワーウィンドースイッチの品番は【84820-B2390】です
DSCF1309

取付ける際は、取外しとは逆の手順で組み付けていけばオーケーです。
カプラーをしっかり差し込んでおきましょう。
DSCF1312

DSCF1287

パワーウィンドーが動かなくなってしまう原因のほとんどはこのスイッチが壊れてしまうのがほとんどです。
その際、スイッチを操作した時の手ごたえが今までと違う感覚になってると思います。

いつも通りのスイッチの感覚なのに、パワーウィンドーが動かない場合は、
スイッチが原因ではなくて、モーターやレギュレーターが原因の可能性があります。

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪

スポンサーリンク

フォローする