アトレー7/スパーキーのバッテリー交換方法と注意点

スポンサーリンク
アトレー7

アトレー7のバッテリー交換をしたので交換方法と注意点をご紹介します。

作業したのはダイハツのアトレー7ですが、OEMのトヨタのスパーキーも作業内容は共通となりますのでご参照くださいませ。

※一部仕様やグレードの相違により構造及び作業内容が異なる場合もございます。

スポンサーリンク

アトレー7/スパーキーのバッテリー交換方法

メモリーバックアップ

バッテリー交換時の電装品保護やエンジントラブルを防ぐためにメモリーバックアップをとります。
この作業は必須ではありませんが、万が一の電装品トラブルを考えると強くオススメ致します。

また、メモリーバックアップにはいくつか方法がありますが、ここではOBD2カプラーを利用したメモリーバックアップをします。

アトレー7/スパーキーのOBD2カプラーは助手席側の矢印のあたりを覗き込むとあります。

メモリーバックアップカプラーを差して準備完了です。
※詳しくは後述します

バッテリー外し

バッテリーの位置は助手席の下にあります。

これです。

最初にマイナス端子を外します

続いて、赤いカバーを外してプラス端子を外します

中央でバッテリーを固定しているステーを外します。

あとは配線を横にずらしてバッテリーを取り外すだけです。

バッテリーは非常に重量があり重いので、持ち上げる際に腰を痛めたり、落下させて車体を損傷させたり自分が怪我をしないように注意します。

バッテリーの取り付け

バッテリーを取付ける際は取り外した時と逆の手順で作業すればOKです。
端子の接続は必ずプラス⇒マイナスの順番で接続します。

メモリーバックアップのOBD2カプラーを外したら作業完了となります。

あると便利な工具

バッテリーの端子とステーを外す時にスパナやレンチでも作業出来ますが、ソケットドライバーやラチェットレンチがあると作業がしやすいです。
また、電装品トラブル防止にメモリーバックアップもあるとよいでしょう。



アトレー7/スパーキーのバッテリー交換時の注意点

アトレー7/スパーキーのバッテリー交換する際の注意点です。
作業中に説明した内容と重複する箇所もございますが、それほど大切な事とお考え頂ければ幸いです。

メモリーバックアップをとる

アトレー7/スパーキーのバッテリーを交換する時はメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。
バックアップをしておかないと学習していたエンジンコンピューターがリセットされて、エンジンの調子が悪くなる可能性があるので注意が必要です。

詳しくは下記をご覧下さい
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

端子の取外し・接続順序

バッテリー端子を外す時は
マイナス端子プラス端子の順番

接続する時は取外しとは逆に、
プラス端子⇒マイナス端子の順番

「マイナスで始まって、マイナスで終わる」と覚えるとよいでしょう。

組み付け時の注意

  • ネジやナットの締め忘れや、クリップなどの付け忘れに注意する

ホンダ HR-Vのバッテリー選びは大切

電装品を使い、エンジンコンピューターで制御されているアトレー7/スパーキーのバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。
とくにアイドリングストップ対応のバッテリーを使用しないと容量が足らずにバッテリー上がりなどの原因になりかねません。

※ホームセンターやカー用品店などで単に安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。

バッテリー専門店のカーエイドなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配も無く、安心して購入出来ます。

アトレー7/スパーキー専用のバッテリーは下のバナーから検索出来ます。
車検証を手元に用意すると検索がスムーズです。

さらに、万が一に備えてJAF会員になっておけばバッテリー上がりはもちろん、それ以外のトラブルにも対応出来ますね。

JAF
タイトルとURLをコピーしました