B11型ekワゴンのバッテリー交換方法と注意点

EKワゴン

ekワゴンのバッテリー交換をしたので、作業方法とその際の注意点を紹介します。

作業したのはB11Wのekワゴンです。
アイドリングストップ車なのでアイドリングストップ対応のバッテリーを取り付ける必要があります。

ekワゴンのバッテリーはボンネットを開けてエンジンルームを見ると中央右奥にある箱型のものです。

スポンサーリンク

B11型ekワゴンのバッテリー交換方法と注意点

バッテリーを外す前にやる事があります。

それがメモリーバックアップです。

メモリーバックアップは、必ず必要な作業というわけではありませんが、トラブルを避けるためにも是非実施しておきたいです。
理由は別ページにて紹介しているのでご覧ください。
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

ekワゴンのOBD2カプラーは写真の位置を下から覗くとあります。

これです。

ここにバックアップ用のカプラーを差しておきます。

メモリーバックアップを取ったらそのままバッテリー交換作業に入ります。

少々奥まった位置にあるので作業しずらいですね

まずはマイナス端子を外します

ここで使っているソケットドライバーはオススメな工具の1つです。
良く使う10mmサイズだけでもあると便利です。

続いてバッテリーを固定しているステーを外します。

こういう奥まった場所を作業するのにラチェットレンチ、特にフレックス(首振り)のラチェットレンチは使い勝手が良く、オススメです。

両サイドのナットを緩めてうまい具合に外します。

ステーが外れました

続いて奥の赤いカバーを取り外してプラス端子を外します。
ここでもラチェットが活躍しました

マイナス端子、プラス端子、ステーを取り外したら、
バッテリーを取り出すことが出来ます。
ただし、バッテリーはとても重いですので、取り出す時に腰を痛めないよに注意しましょう。

新しく取り付けるバッテリーを取り付けます。
取り付ける際は、取外しとは逆の順で作業します。
端子を接続する際は必ずプラス端子⇒マイナス端子の順番で作業します。

最後にメモリーバックアップのOBD2カプラーを外して作業完了となります。
念のため、各電装品の動作確認をしておきましょう。

B11型ekワゴンのバッテリー交換の注意点まとめ

最後にB11型ekワゴンのバッテリー交換時の注意点をまとめました。

メモリーバックアップをとる

B11型ekワゴンのバッテリーを交換する時はメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。
バックアップをしておかないと学習していたエンジンコンピューターがリセットされて、エンジンの調子が悪くなる可能性があるので注意が必要です

詳しくは下記をご覧下さい
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

端子の取外し・接続順序

バッテリー端子を外す時は
マイナス端子を外してからプラス端子を外すようにします。

接続する時は取外しとは逆に、
プラス端子を接続してからマイナス端子を接続するようにします。

B11型ekワゴンのバッテリー選びは大切

エンジンコンピューターで制御されているB11型ekワゴンのバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。
とくにアイドリングストップ対応のバッテリーを使用しないと容量が足らずにバッテリー上がりなどの原因になりかねません。


※ホームセンターやカー用品店などで単に安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。

バッテリー専門店のカーエイドなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配も無く、安心して購入出来ます。

B11型ekワゴン専用のバッテリーは下のバナーから検索出来ます。
車検証を手元に用意すると検索がスムーズです。

さらに、万が一に備えてJAF会員になっておけばバッテリー上がりはもちろん、それ以外のトラブルにも対応出来ますね。

JAF