プリウスα(アルファ)にセルスターのドライブレコーダーを取り付ける方法

プリウスαにセルスターのドライブレコーダーを取り付けました。
停車中も録画撮影できる仕様のドラレコです。

作業したのは型式はZVW41系のプリウスアルファです。
puriusarufa

スポンサーリンク

プリウスα(アルファ)にセルスターのドライブレコーダーを取り付ける方法

ドライブレコーダー

取付けるのはセルスターのCSD-560FHです。

DSCF8702

DSCF8711

駐車中も録画(パーキングモード)する為には、常時電源用ハーネス(型番:GDO-05)を別で購入しなければいけません。

DSCF8704

DSCF8708

ドラレコの配線通し

カメラの配線を隠す為に、フロントピラー(Aピラー)のトリム(内張り)を外します。

最初にピラーの渕についている黒い当てゴムを外します。
DSCF8717

手で引っ張れば取れます。
全部外さなくても、ピラー部分だけ外して浮かせておけばOKです。
DSCF8721

ゴムを取って出来た隙間に内貼りはがしなどを入れて浮かせるようにしてピラートリムを外します。

DSCF8723

DSCF8728

ピラートリムを外すと、ダッシュボードとの間に隙間が出来るので、その隙間にドラレコの配線を入れて、オーディオ裏まで取り回します。
DSCF8757

ドラレコの配線は、カメラの位置を決めたら、ルーフトリムとの間に入れ込んで隠します。
DSCF8768

配線を設置したら、トリム取付けて配線を見えないようにします。

ドライブレコーダーの位置

ドラレコのカメラの位置はルームミラーの横にしました。
DSCF8830

今回取り付けたモデルは液晶モニターが付いているので、録画している画像(位置や角度)がその場で確認出来るのがいいですね!

常時電源ハーネスの接続

駐車中でも録画できるよに常時電源ハーネスを接続します。
電源はオーディオ裏の配線から取ります。
ナビ、オーディオの外し方は別記事で紹介しています。
プリウスα(アルファ)のナビ・オーディオの取付、取外し、交換方法

ドラレコからの配線をピラー内部からグローブボックス裏を通してオーディオ裏まで取り回して、常時電源ハーネスと接続しておきます。
DSCF8797

常時電源ハーネスのACC電源と常時電源を接続し、アースを確実に取ります。
DSCF8799

常時電源ハーネスのユニットの取付

常時電源ハーネスのユニットを取り付ける為に、足元のトリムを外しました。
※常時電源ハーネスを取付けない場合はこの作業は不要となります。
DSCF8730

まずは助手席のステップのトリムを外します。
DSCF8735

クリップで着いているだけなので、内貼りはがしなどで浮かせるようにして外します。
DSCF8737

発煙筒と取ると、ボルトがあるのでこれを外します。
DSCF8733

すると簡単に外れます
DSCF8739

ここに常時電源ハーネスを持ってきます
DSCF8801

トリムを付けて、ユニットを取り付けて完成です。
このユニットを操作することで常時電源を供給する時間などを設定できるので、この位置なら簡単に設定の変更が出来るよになります。
DSCF8804

組み付け

全ての配線の接続やカメラの設置が完了したら、外した部品はすべて組み付けましょう。

その際、配線がしっかり接続されているか、アースが取れているか再確認しながらやるとミスは少ないです。

ネジやクリップの付け忘れも無いように気を付けましょう。

また、ドライブレコーダーはAmazonでご購入いただけます。

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪


工具をお探しでしたらコチラの記事をご覧ください
カーナビを取り付ける時に便利なオススメ工具たち
カーナビを取り付ける際にあると便利な工具を紹介致します。 自動車にカーナビを取り付ける時に便利なオススメ工具たち 工具 必ず必...

スポンサーリンク
アドセンス336*280
アドセンス336*280

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス336*280