HE23S型アルトラパンのバッテリー交換方法と注意点

スポンサーリンク
ラパン

アルトラパンのバッテリー交換をしたので作業内容と注意点を紹介します。

作業したのはHE23S型です。
同型のアルトラパンであればグレード不問で作業内容は共通となります。
※一部仕様グレードにより作業内容が異なる場合がございます。

スポンサーリンク

HE23S型アルトラパンのバッテリー交換方法

メモリーバックアップ

HE23S型アルトラパンのバッテリー交換をする前にメモリーバックアップを取る事をオススメ致します。
※詳しくはこの記事内の注意点で紹介します。

メモリーバックアップにはいくつか方法がありますが車ネタ.comではOBD2を使ったメモリーバックアップを実施しております。
https://kurumaneta.com/2016/09/battery-obd2-backup/

HE23型アルトラパンのOBD2カプラーは運転席足元の左側上部にあります。
そこにバックアップ電源を差し込んで、そのままバッテリー交換作業に入ります。

バッテリー交換

バッテリーはエンジンルーム内の助手席側にあります。

まずはマイナス側の端子から外していきます。

続いて赤いカバーがついているプラス端子を外します。

バッテリーを固定している中央のステーを外します。
両サイドのナットを緩めて、下に延びているロッド先端をうまい具合に外すことで取り外せます。

あとは持ち上げれば取り外せます。
バッテリーは重量がありますので、落下によるケガや、車両の損傷に注意します。
また腰を痛めないように注意しましょう。

バッテリー取り付け

バッテリーを取り付けるときは、取り外しとは逆の手順で作業していくだけです。

端子の接続は必ずプラス端子→マイナス端子の順番で取り付けます。

緩みやガタつきがないか確認をして、最後にメモリーバックアップを外して作業完了となります。

あると便利な工具

ソケットドライバーやラチェットをあると便利です。


HE23S型アルトラパンのバッテリー交換の注意点まとめ

最後にHE23S型アルトラパンのバッテリー交換時の注意点をまとめました。

メモリーバックアップをとる

HE23S型アルトラパンのバッテリー交換時はメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。

バックアップをしておかないと学習していたエンジンコンピューターがリセットされて、エンジンの調子が悪くなったり、電装品のトラブルの原因になるので注意が必要です。
詳しくは別記事でも紹介しています。

端子の取外し・接続順序

バッテリー端子を外す時は
マイナス端子を外してからプラス端子を外すようにします。

接続する時は取外しとは逆に、
プラス端子を接続してからマイナス端子を接続するようにします。

マイナスで始まってマイナスで終わる」と覚えましょう。

HE23S型アルトラパンのバッテリー選びは大切

エンジンコンピューターなどの重要な電装品があるHE23S型アルトラパンのバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。

バッテリー専門店のカーエイドなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配も無く、安心して購入出来ます。

HE23S型アルトラパンのバッテリーは下のバナーから購入出来ます。
※車検証をお手元に用意してご確認下さい。

注意
ホームセンターやカー用品店などで単に安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。

タイトルとURLをコピーしました