100系ランドクルーザーのバッテリー交換方法と注意点

スポンサーリンク
ランドクルーザー

ランドクルーザーのバッテリー交換をしたので交換方法の手順と注意ポイントをご紹介致します。

作業したのは100系のランクルです。
ガソリン車ですが、ディーゼル車も大まかな作業内容は共通となりますのでご参照ください。

スポンサーリンク

100系ランドクルーザーのバッテリー交換方法

ランクルのバッテリーはボンネットを開けたエンジンルーム内の右側(助手席側)の手前にございます。

メモリーバックアップ

バッテリー交換をする前にメモリーバックアップを取る事をオススメ致します。

メモリーバックアップにはいくつか方法がありますが車ネタ.comではOBD2を使ったメモリーバックアップを実施しております。

https://kurumaneta.com/2016/09/battery-obd2-backup/

ランクル100のOBD2カプラーはブレーキペダルの脇にあります。
少々分かりづらい位置にありますので下の写真をご参照ください

バッテリーの取外し

バッテリーの端子を外す時はマイナス端子プラス端子の順番で外していきます。
工具はラチェットタイプのレンチが使い勝手が良くてオススメです。

続いて、バッテリーを中央で固定しているステーを外します

最後にプラス端子を外します。

マイナス端子、プラス端子、バッテリーステーを外すと、バッテリー本体を取り外すことが出来るようになります。

ただし、バッテリーは見た目以上に重量があり、かなり重いです。
車体に落とせばキズやヘコミなどの損傷になりますし、自分に落とすと怪我をする恐れがありますので細心の注意で作業します。
また、持ち上げる時は腰を痛めないようにします。

バッテリーの取付

バッテリーを取り付ける際は、取り外した時とは逆の手順で作業します。
端子はプラス端子マイナス端子の順番で取り付けます。

あると便利な工具


100系ランクルのバッテリー交換時の注意点

ランドクルーザー100のバッテリー交換する際の注意点です。

メモリーバックアップをとる

ランクル100のバッテリーを交換する時はメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。
バックアップをしておかないと学習していたエンジンコンピューターがリセットされて、エンジンの調子が悪くなる可能性があるので注意が必要です。

詳しくは下記をご覧下さい
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

端子の取外し・接続順序

バッテリー端子を外す時は
マイナス端子プラス端子の順番

接続する時は取外しとは逆に、
プラス端子⇒マイナス端子の順番

「マイナスで始まって、マイナスで終わる」と覚えるとよいでしょう。

組み付け時の注意

  • ネジやナットの締め忘れや、クリップなどの付け忘れに注意する

ムラーノのバッテリー選びは大切

電装品を多く使い、エンジンコンピューターで制御されているランクルのバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。
とくにアイドリングストップ対応のバッテリーを使用しないと容量が足らずにバッテリー上がりなどの原因になりかねません。

※ホームセンターやカー用品店などで単に安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。

バッテリー専門店のカーエイドなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配も無く、安心して購入出来ます。

100系ランクル専用のバッテリーは下のバナーから検索出来ます。
車検証を手元に用意すると検索がスムーズです。

さらに、万が一に備えてJAF会員になっておけばバッテリー上がりはもちろん、それ以外のトラブルにも対応出来ますね。

JAF



タイトルとURLをコピーしました