SG5系フォレスターのリアゲートスポイラー交換方法

フォレスターのリアゲートスポイラー(ウィング)を交換したので紹介します。

作業したのはSG5型のフォレスターです。

ご覧の通りスポイラーの塗装が劣化してしまっています。

ゲートスポイラーは素材が樹脂で出来ていてる上に、熱で塗装が劣化しやすいのが難点です。

スポンサーリンク

SG5系フォレスターのリアゲートスポイラー交換方法

では外してきます。
最初にリアスポイラー周りのパネルに傷防止の養生テープやマスキングテープを貼って保護しましょう。

まずはゲートを開けます。

ゲートの裏のトリムの一番上のやつを内貼りはがしを使って浮かせるようにして外します。

外れました。

同じように左右のトリムを外します。
右側

左側

トリムがはずれたら、下の写真の赤丸の部分を外していきます。

ナットとかを外すとリアスポイラーを外せるようになります。

下に落とさないように注意しましょう。

リアスポイラーが外れると、普段隠れてる部分が出てくるので汚れが溜まっています。

これを機会に掃除しておくとよいでしょう。

取り付ける際は、取外しと逆の手順で組み付けていくだけです。

ナットをしっかり締めておきましょう。
※締め付けが甘いとガタついて異音の原因になったり、最悪の場合脱落する恐れもあります。

作業自体は簡単なので純正から社外品のスポイラーに交換したりもできますね。

ソケットドライバーが活躍しました。