L880Kコペンのマフラー交換方法『純正からタナベのマフラーへ交換』

スポンサーリンク
コペン

コペンのマフラー交換をしたので紹介します。

作業したのはL880K型のコペンです。
この型のコペンであれば作業内容はほぼ共通かと思います。

※年式、グレード、仕様により作業内容が異なる場合があります。

スポンサーリンク

L880K型コペンのマフラー交換方法

新しく取り付けるマフラーを用意します。

タナベのマフラーを取り付けました。

マフラー外し

※必ずマフラーが冷えた状態で作業します。

ジャッキで持ち上げます。

取外しがしやすいように、マフラーハンガー(マフラーがぶら下がってるゴムの部分)に556などの潤滑油をさしておきます。

走行距離が多かったり、年式が古かったりして、サビが見られる場合はマフラーのボルト部にも潤滑油を差しておきます。

少し経つと油が浸透して外しやすくなるはずです。
※極端に錆びていたり、腐食していると固着してしまい外れない場合があります。

先にマフラーを繋げているボルトを外します。

するとハンガーでぶら下がってるだけになるので、ハンガー部を外します。

プライヤーを使うと外しやすいです。

落下に注意します。

あとはマフラーを取り出せば、マフラー外しが完了です。

マフラー取付

取外しとは逆に、ハンガー部分から取り付けていきます。

ぶら下がった状態にしたら、パイプ部を接続・固定します。

これで取付完了です。

マフラーが変わるとリアビューのイメージが大きく変わりますのでオススメです

このタナベのマフラーの音量は、ほぼ純正と変わらない程度でした。

最後までご覧頂き有難うございました
この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪
こちらの記事も読まれています
コペン
管理人をフォローする
車ネタ.com
タイトルとURLをコピーしました