ZZT231系セリカのカーナビ・オーディオ交換方法

セリカのオーディオパネルを交換しました。

このやり方ならカーナビやオーディオデッキの交換の際も応用できる作業です。

作業したセリカの型式はZZT231のマニュアル車です。
selica231

スポンサーリンク

ZZT231系セリカのカーナビ・オーディオ交換方法

オーディオパネルにDefiのリンクメーターが付いていたため、取外してパネルを新品に交換する為にパネルを外しました。
DSCF4628

オーディオパネルを外すのにシフトパネルを外す必要があります。
DSCF4634

灰皿を取っておきます。
DSCF4630

DSCF4632

シフトノブを外します。
マニュアル車の場合、反時計回りに回せば外れます。
DSCF4636

DSCF4640

内貼りはがしなどを使ってシフトパネルを浮かせて外します。

DSCF4644

DSCF4648

付いてるカプラーは全て外します。
DSCF4650

するとエアコンパネルを固定してる2本のネジが現れるので、外します。
DSCF4655

そして内貼りはがしなどを使って浮かせます。
DSCF4659

オーディオパネル全体が外れます
DSCF4664

カプラーも外します。
DSCF4666

外したオーディオパネルの裏を見ると、エアコンパネルとネジで繋がってるのが分かるので、ネジを外します。
DSCF4677

次に爪を取ります。
DSCF4687

オーディオパネルとエアコンパネルが分離しました。
DSCF4694

オーディオパネルの上部に付いている時計を外します。
DSCF4698

外した時計は新しく取り付けるオーディオパネルに移植しておきます。
DSCF4702

デッキ本体を交換する場合

オーディオパネルを外すと車両側はこのような状態になっています。
DSCF4673

赤丸のボルトを外すことでデッキ本体が取り外しできるようになります。
DSCF4675

DSCF4718

DSCF4721

デッキを交換する場合は、取り外したデッキの左右に付いているオーディオステーを付替えます。

オーディオからカーナビに取り換える時は車速センサーやバック信号を取る必要があります。
アルパインのホームページで解説されているので参考にすると分かりやすいです。
車種別取付情報(アルパインHP)

純正品から社外品に変える時は車種別オーディオハーネスが必要になります。

組み付け、動作確認

組み付けるときは、取外しとは逆の手順で作業します。
その際、カプラーの取付が甘かったり、配線を接続し忘れたり、アースを落とすのを忘れないように一つづつ確認しながら取り付けていきましょう。

最後に動作確認をして完成となります。
DSCF4814

DSCF4817

カーナビをお探しでしたらAmazonでもご購入頂けます。

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪

スポンサーリンク

フォローする