ミライース(LA300S)のバッテリー交換方法と注意点

スポンサーリンク
ミライース

アイドリングストップ車のミライースのバッテリー交換をしたので作業内容と注意点を紹介します。

作業したのはLA300S型のミライースです。
同型系のミライースであれば作業内容は概ね共通です。
※一部仕様グレードにより作業内容が異なる場合があります

スポンサーリンク

LA300S型ミライースのバッテリー交換方法

メモリーバックアップ

LA300Sミライースのバッテリー交換をする前にメモリーバックアップを取る事をオススメ致します。
※詳しくはこの記事内の注意点で紹介します。

メモリーバックアップにはいくつか方法がありますが車ネタ.comではOBD2を使ったメモリーバックアップを実施しております。
https://kurumaneta.com/2016/09/battery-obd2-backup/

LA300SミライースのOBD2カプラーは運転席足元フットブレーキの左側方面にある白いカプラーです。

バックアップ電源を差し込みます

バックアップ電源を差し込んだ状態のまま交換作業に入ります。

バッテリー交換

バッテリーはエンジンルームの向かって右側(助手席側)にあります

始めにマイナス端子を外します

続いて赤いカバーを外して中のプラス端子を外します

最後にバッテリーを固定しているステーを外します。
ボルトを外して、ナットを緩めると外せます。

あとはバッテリーを持ち上げれば取り外せます。
見た目以上に重量ありますので落下によるケガや車体の損傷に注意します。

バッテリー取り付け

バッテリーを取り付けるときは、取り外しとは逆の手順で作業していくだけです。

端子の接続は必ずプラス端子→マイナス端子の順番で取り付けます。

緩みやガタつきがないか確認をして、最後にメモリーバックアップを外して作業完了となります。

あると便利な工具

ソケットドライバーやラチェットをあると便利です。


LA300S型ミライースのバッテリー交換の注意点まとめ

最後にLA300S型ミライースのバッテリー交換時の注意点をまとめました。

メモリーバックアップをとる

LA300S型ミライースのバッテリー交換時はメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。

バックアップをしておかないとパワーウィンドウなどの電装品の設定がリセットされて再設定が必要になります。
また、学習していたエンジンコンピューターがリセットされて、エンジンの調子が悪くなったり、その他の電装品のトラブルの原因になるので注意が必要です。
詳しくは別記事でも紹介しています。

メモリーバックアップをしないでバッテリー交換をしてしまってパワーウィンドウのオート機能が効かなくなった場合は、一度窓開けて、スイッチで全閉にしてスイッチをそのまま5秒ほど上にあげたままにすればオート機能のリセットが可能です。

端子の取外し・接続順序

バッテリー端子を外す時は
マイナス端子を外してからプラス端子を外すようにします。

接続する時は取外しとは逆に、
プラス端子を接続してからマイナス端子を接続するようにします。

マイナスで始まってマイナスで終わる」と覚えましょう。

LA300S型ミライースのバッテリー選びは大切

アイドリングストップ車である上にエンジンコンピューターなどの重要な電装品があるLA300S型ミライースのバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。

バッテリー専門店のカーエイドなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配も無く、安心して購入出来ます。

LA300S型ミライースのバッテリーは下のバナーから購入出来ます。
※車検証をお手元に用意してご確認下さい。

注意
ホームセンターやカー用品店などで単に安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。

タイトルとURLをコピーしました