プレマシーのバッテリー交換方法と注意点

プレマシー

プレマシーのバッテリー交換をしたので、交換方法と注意点を紹介します。

作業したのはCWEFW型のプレマシーです。
グレードはCSですが、同型式のプレマシーであれば作業内容は共通となります。

プレマシーのバッテリー交換方法

それではバッテリー交換方法を紹介しますが、その前にまずは電装品の保護の為メモリーバックアップを取ります。

メモリーバックアップを取る

※メモリーバックアップをとる理由は以下の記事で紹介していますので、メモリーバックアップが分からない方はご覧ください。
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

プレマシーのメモリーバックアップを取るOBD2カプラーは運転席のハンドル下のこのあたりにあります。

これがプレマシーノOBD2カプラーです。

メモリーバックアップを取ります

詳しい使い方は上で紹介した記事をご覧ください。

バッテリー交換

メモリーバックアップを取ったらバッテリー交換をします。

プレマシーのバッテリーの場所はエンジンルームのちょうど助手席の前の当たりにあります。

このようにカバーがされていますので外す必要があります。

サイドに爪があって固定されているだけなので簡単に外れます。

カバーを外すとバッテリーが露わになります

最初にマイナス端子を外します。
奥で作業しづらいです。

続いてバッテリーを固定しているステーを外します。
左右のネジを緩めれば外れます。


これでステーが外れました

最後にプラス端子を外します。

全て外し終えたら、バッテリーを持ち上げれば取り外しが出来ます。
※かなり重いので作業は注意します。

新しいバッテリーを取り付けます。
端子の接続は、プラス端子⇒マイナス端子の順番で接続します。

カバーを着ければ作業完了となります。

CWEFW系プレマシーのバッテリー交換の注意点まとめ

最後にプレマシーのバッテリー交換時の注意点をまとめました。

メモリーバックアップをとる

プレマシーのバッテリー交換時はメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。
バックアップをしておかないと学習していたエンジンコンピューターがリセットされて、エンジンの調子が悪くなる可能性があるので注意が必要です

詳しくは下記をご覧下さい
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

端子の取外し・接続順序

バッテリー端子を外す時は
マイナス端子を外してからプラス端子を外すようにします。

接続する時は取外しとは逆に、
プラス端子を接続してからマイナス端子を接続するようにします。

プレマシーのバッテリー選びは大切

パワースライドドアやエンジンコンピューターなどの電子制御部品を多く使うプレマシーのバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。


※ホームセンターやカー用品店などで単に安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。

バッテリー専門店のカーエイドなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配も無く、安心して購入出来ます。

プレマシー専用のバッテリーは下のバナーから検索出来ます。
車検証を手元に用意すると検索がスムーズです。

さらに、万が一に備えてJAF会員になっておけばバッテリー上がりはもちろん、それ以外のトラブルにも対応出来ますね。

JAF