NZE121型カローラのナビ交換(ドラレコ取付にも)

スポンサーリンク
カローラ

トヨタのカローラの旧モデルの純正カーナビを取り外して、新しいデータの純正カーナビを取り付けました。
オーディオデッキからカーナビに交換する方法も同じです。

またこの作業を応用することでドライブレコーダーの取り付けも出来るようになりますのでご参照ください。

作業したカローラの型式はNZE121系です。
前期、後期も同じ作業内容です。
corola

141系のカーナビの取り付け方は別記事で紹介しています

スポンサーリンク

NZE121系カローラにカーナビを取り付ける方法

写真と同じタイプか確認してください。
DSCF4766

まずはマスキングテープでパネルの保護します

DSCF4770

内貼りはがしでナビの周りのパネルを外します。

^^DSCF4777

DSCF4778
DSCF4781
DSCF4782

次に灰皿を外しておきます。
DSCF4813

シフトパネルを外します。
DSCF4807

DSCF4808
DSCF4817

シガーソケットのカプラーを外します
DSCF4819

次にエアコンパネルを外します。
エアコンのツマミを引っこ抜くとネジがあるので外します。
DSCF4823

DSCF4826

内張り外しを使います。
DSCF4828

カプラーやワイヤーを外します。
外した位置を覚えておきましょう。
DSCF4831

オーディオステーを固定する4本のボルトを外せるよになります。
DSCF4836

ナビ裏のカプラーを外します。
DSCF4846

取り外し完了となります。

DSCF4850

取付

取外しと逆の手順で取り付けます。
純正ナビなのでカプラーも全てそのままで取付できました。

ステーの付け替えが必要

古いデッキの左右に取り付けられていたステーを新しく取り付けるデッキに付け替えます。

外した純正ナビの両サイドに固定されているオーディオステーを取り外して、新しく取り付けるデッキに付け替えます。
DSCF4852

DSCF4861

電源ハーネス/車速センサーの接続が必要

純正ナビや純正オーディオから社外のカーナビやオーディオに替える場合は車種別オーディオハーネスが必要になります。

また、カーナビを取り付ける場合は車速センサーやバック信号を取る必要があります。詳しくはカロッツェリア車種別JUST FITにも紹介あるのでご参照ください。

専用カプラーがあると接続が簡単です。

※裏技
サイドブレーキ用の配線をアースに落とすことで走行中でもナビ操作や映像閲覧が可能になりますが危険なので公道を走る場合はこの裏技は使用出来ません。

地デジやGPSのアンテナを取付けたり、ドライブレコーダーを取り付ける場合はピラートリムの取外しが必要になります。
車種は異なりますが↓の記事をご参照ください。

DSCF4864

ナビを取り付けたら一旦動作確認をします。
DSCF4868

問題無ければ、エアコンパネルなどを逆手順で組み付けていきます。
DSCF4872

DSCF4874

外した時と逆の手順で組み付けないと取り付けられないので注意してください。
DSCF4879

全て組み終わったら完成です。
DSCF4881

ドライバーなどの工具に加えて内張はがしなどあると作業がはかどるのでオススメです。

最後までご覧頂き有難うございました
この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪


保険の見直しは定期的に実施しましょう


こちらの記事も読まれています
カローラ
管理人をフォローする
車ネタ.com
タイトルとURLをコピーしました