ホースが劣化して切れた時の対処法(応急処置)

スポンサーリンク
整備

自動車部品の中でもゴムや樹脂でできているホースは経年劣化でひび割れや裂けが起きる事があります。
それを発見した時に出来る簡単な対処法(応急処置方)を紹介します。

下の写真ように劣化して切れたホース、このままでは機能上支障が起こる可能性があるので応急処置をします。

DSCF2236

スポンサーリンク

劣化して切れたホースの対処

まずはホースを抜きます。
DSCF2241

切れている部分をハサミやニッパーで切ります。
DSCF2243

DSCF2245

取り付けます。
DSCF2247

結束バンド(インシュロック)で固定します。

DSCF2252

これで終わりです。

注意

ホース全体が切れたり裂けてしまっていたらこの方法は通用しません。

あくまで応急処置です。
ハサミで切ったところがまだ劣化していなければ大丈夫でしょうが、ホースが全体が固くなって劣化してるようでしたら、早めにホース交換したほうが良いでしょう。

最後までご覧頂き有難うございました
この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪


保険の見直しは定期的に実施しましょう


こちらの記事も読まれています
整備
管理人をフォローする
車ネタ.com
タイトルとURLをコピーしました