JB23型ジムニーのテールレンズをLEDテールレンズに交換する方法

ジムニーの純正ノーマルのテールレンズを社外品のLEDテールレンズに交換しました。

作業したのはJB23型のジムニーになります。
jimnnyjb23

スポンサーリンク

ジムニーのテールレンズをLEDテールに交換

こちらのテールレンズをLED仕様にします。
DSCF4528

LEDテールの下処理

取り付けるのはこちらです。

DSCF4539

新品ですが、説明文にコーキング(防水処理)をしてくれということで記載があったので防水処理をします。
後ほど紹介しますが、これ以外にもいろいろ手直しの必要になるものでした。

防水処理をするのは裏の黒い部分とレンズ部分の合わせ目の隙間です。
隙間にコーキング剤を詰めていきます。

表のレンズにも隙間があったのでこちらにもコーキング剤を入れました。

レンズにコーキング剤が着かないようにマスキングテープなどで保護するとキレイに塗り込めます。
DSCF4403

テールレンズ外し

下処理が終わったら純正のテールレンズを外します。
左と右で若干作業方法が変わります。

左テールレンズ外し

バックドアを開けるとテールレンズが2本のボルトで止まってますので、これを外します。
DSCF4531

ソケットドライバーが便利です。

DSCF4533

ボルトを外すと外側に2か所のクリップが刺さってるので、取付面と垂直方向(車両後方側)に引っこ抜くように外します。
DSCF4535

あとはブレーキランプとウィンカーバルブのソケットを外せばテールレンズが外れます。
DSCF4537

右テールレンズ外し

右側もバックドアを開けると2本のボルトがあるので外します。
DSCF4550

DSCF4551

こちらもクリップで留まってるので引っこ抜きます。
隙間が微妙な感じなので慎重に作業します。
DSCF4555

外れました。
クリップの位置は赤丸の場所です。
ソケットを外せばレンズが取り外せます。
DSCF4558

LEDテールレンズの取付

ブレーキランプは純正のソケットと接続できるようになっています。
DSCF4542

DSCF4543

ウィンカーはハロゲン球を再利用ですが、今回取り付けるテールレンズのウィンカー部分がクリアになってしまうため、ウィンカーバルブはオレンジ色を用意するか、オレンジ色に塗る必要があります。
DSCF4547

あとは接続すれば完成です。
DSCF4561

配線の接続が終わったらレンズをボディに取り付けて点灯確認します。
DSCF4563

DSCF4566

注意

安い社外品だと様々なトラブルが想定されます。
今回取り付けたレンズも手直しが必要でした。

点灯しない

省電力がウリのLEDですが、安物は不良品も多く点灯しないものもあります。
その場合、ほとんどはLEDを基盤に接続しているハンダの不良などが考えられます。

今回もハンダの不良が見られたため、手直しをしました。
↓基盤部分を見る為、レンズ裏を切開した後
DSCF4548

さらに、ブレーキランプに接続するソケット部分の+と-の端子が逆向きについていたりと、色々面倒がかかりました。

ABSランプが点灯した

ジムニーはブレーキランプが切れているとABSランプが点灯して球切れを教えてくれます。

LEDランプは省電力の為、抵抗が低くて、それに反応して球切れと勘違いしてABSランプが点灯してしまいます。
DSCF4572

その場合はスモール球の配線の途中に抵抗を噛ませることでABSランプの点灯を防ぐ事が出来ます。
DSCF4575

これらのトラブルは知識があれば手直しする事が出来ますが、素人の方では難しい場合もあります。

その場合は安物を買わずに、メーカーものの保証がしっかりしているLEDテールレンズを購入するべきです。
デザイン性ではMBRO(エムブロ)も良いですね。

今回のように手直しや加工が必要なければ、かんたんな工具があるだけで作業できるので、是非チャレンジしてみてください。

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪


ネットショッピングやETCのご利用は楽天カードで!
只今お得なキャンペーン中です!
楽天カード新規入会キャンペーン


スポンサーリンク
アドセンス336*280
アドセンス336*280

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス336*280