マークⅡワゴンのドアアウターハンドル外し

マークⅡワゴンのドアアウターハンドルを外します。
DSCF0736

型式はGX70Gです。
mark2wagon

スポンサーリンク

ドア内貼りを外す

最初にドアの内張りを外します。

内側のドアノブについているネジを外して、ドアノブを外します。
2 インナーハンドル外し(4)

2 インナーハンドル外し(3)

肘掛を外します。
3か所のネジを外せば取れます。
3 肘置き3箇所ネジ (4)

肘掛を外したら見えるこのネジを外します。
5肘置きの奥ネジ1箇所 (4)

次にクリップを外します。
真ん中のポッチを押すと取れるようになります。
4内張りクリップ1箇所 (1)

パワーウィンドースイッチも外します。
7 P/Wスイッチ外し (2)

ドアミラー内側のカバーも外します。
内張り外しなどでこじれば簡単に外れます。
6ミラーカバー外し (1)

全て外した状態
8スイッチなど外した状態 (3)

あとはこのドアの内張りを丸ごと外すだけです。
9 内張り外した状態 (2)

ドアアウターハンドル外し

ビニールを剥がしてドアアウターハンドルを止めてるネジを外します。
10保護ビニール剥がし (2)

14固定 (5)

黒いシールを剥がします
11サービスホール (2)

11サービスホール (4)

すると中にネジがあるのでこれも外します。
14固定 (1)

あとは繋がってるリンクロッドを外せば取外しできます。
1アウター外れ (9)

組み付ける際は逆手順で組み付けていくだけです。

注意

ネジやクリップなどの部品の損失や、電装品のカプラーの接続忘れに気をつけましょう。

スポンサーリンク
アドセンス336*280