RB3/4型オデッセイのドア内張り外してドアミラー脱着/交換方法

スポンサーリンク
オデッセイ

オデッセイのドアミラーを外して中のモーター修理をしたので脱着作業を紹介します。

作業したのはRB3型のMグレードです。
同型のオデッセイであれば作業内容は共通だと思います。
※一部仕様グレードによって作業内容が異なる場合もございます。

運転席側のドアミラーを外します。
※助手席側も作業内容はほぼ共通です。

スポンサーリンク

ドアミラー脱着方法

ドアミラーを外すにはまず始めにドア内張り(ドアトリム)を外す必要があります。

内装や電装品のDIYにはドライバーなどの通常の工具に加えて「内張はがし」のセットや「検電テスター」などあると作業がはかどるのでオススメです。

ドア内張り(ドアトリム)外し

ドアの内側に取り付けられているパネルをドア内張り(ドアトリム)と呼びます。
こちらを取り外します。

上のドアポケットの底蓋を外すとネジがあるので外します。

ドアインナーハンドルの目くら蓋を外して中のネジを外します

パワーウィンドウスイッチパネルを内張はがしを使って浮かせるようにして外します。

裏にカプラーがささってるので外します

トリムの下の方に内張はがしなどを突っ込んで浮かせるように外します。
※クリップではまっています。

インナーハンドル部分を取り除きます

カーテシランプ(下についてるライト)の配線を取ります

これでドア内張り(ドアトリム)が外れました

ドアミラー外し

はじめにドアミラーのカプラーを外します。

黒いビニールの上部をはがします。
すると穴が出てきます。

この3つの穴の奥に、ドアミラーを固定しているナットがあるので外します。
落下するとドアパネルの内部に落ちて隙間に入ると取り出すのが大変になるので注意しましょう

尚、全て外すとドアミラー自体が落下して破損してしまう恐れがあるので、最後の1つを外す前にドアミラーに手を添えて外れて落下しないように注意します。

ナットを全て外すと落下の恐れがあるので必ず支えながら作業します

これでドアミラーの取り外しが完了となります。

組付け

組付ける際は、取り外しと逆の手順で作業するだけです。
取り外しの時と同様にドアミラー本体の落下と、ナットを落下させないように注意します。

基本的にドアミラーが故障したらASSYで交換となりますので以上でドアミラー交換は終了となります。
※ASSY(アッセンブリーの略)=丸ごと

モーター交換、モーター修理したい場合はさらに分解します。

モーター外し

ミラーレンズを外します。
はめ込まってるので浮かせながらうまい具合に外して、ミラーヒーターが付いている場合は配線を抜きます。
角度調整するやつも外します

根本も分解していきます

ミラーカバーも外します

モーターが出てきました。
必要に応じて交換・修理を実施します。

内装や電装品のDIYにはドライバーなどの通常の工具に加えて「内張はがし」のセットや「検電テスター」などあると作業がはかどるのでオススメです。

最後までご覧頂き有難うございました
この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪


保険の見直しは定期的に実施しましょう


こちらの記事も読まれています
オデッセイ
管理人をフォローする
車ネタ.com
タイトルとURLをコピーしました