K12系マーチのドア内張り(トリム)の外し方

マーチ

マーチのドアの内張り(トリム)の外し方を紹介します。
このトリムを外すことによって
ドアスピーカー交換やドアミラー交換を始め、
ドアロックアクチュエーターやパワーウィンドーモーターの交換も出来るようになります。

作業したのはK12型のマーチです。
グレードは14Sですが、同系統のマーチであれば作業内容は概ね共通となります。

※年式、グレード、仕様により一部作業内容が異なる場合があります。

スポンサーリンク

K12系マーチのドア内張りの外し方

こちらの内張りを外します。

インナーハンドルのパネルを外します。

内貼りはがしを使って浮かせるようにして外します。

続いてパワーウィンドースイッチパネルを外します。

こちらも内貼りはがしを使って浮かせるようにして外します。

パワーウィンドースイッチの裏にカプラーがあるので外せば、パネルが取り外せるようになります。

すると中にネジがあるので外します。

内張り本体はクリップで固定されているので、
下側の端に内張り外しを入れて、浮かせるようにして外します。

内張り上部は差し込まってるので、下側を浮かせるように外したら上に引き抜くようにして外します。

これでドアトリムの取外しが完成です。

組み付ける際は、分解とは逆の手順で作業していきます。

尚、今回は左のフロントドアを作業しましたが、右側や、後部座席のドア内張りも基本的な構造は同等となります。

注意

ネジやクリップの紛失に注意します。

また、ネジやクリップの付け忘れや、各配線コネクターの差し忘れや接触不良にも気を付けましょう。


最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪

マーチ
管理人をフォローする
車ネタ.com