ホンダ、インサイトのシガーソケットのヒューズ交換

ホンダのハイブリッドカー[インサイト]のシガーソケットが急に使えなくなりました。

シガーソケットが使えなくなるほとんどの理由がヒューズ切れです。

今回もヒューズが原因でした。

スポンサーリンク

ホンダ、インサイトのシガーソケットのヒューズ交換

DSCF5202

まずはチェック。これはシガーソケットに差して使うライトですが、まったく光る気配がありません。

そこでヒューズをチェックします。

まずはハンドルしたのこのパネルを外します。

DSCF5208

クリップだけで止まっているので、手前に引くように引っ張ればバコッと取れます。

DSCF5211

するとヒューズボックスが見えます。

DSCF5214

ここでシガーソケットのヒューズを探します。

まずは、取扱説明書を見ます。

DSCF5205

このタバコのマークでアクセサリーソケットと書かれているがシガーソケットとなります。

次は外したパネルの裏側を見ます。すると、ヒューズボックスのどこに何のヒューズが刺さっているか書いてあります。

DSCF5216

説明書に書いてあったタバコマークがありました。

DSCF5234

並び順と照らし合わせて、特定し、ペンチなどで引っこ抜きます。
※ちなみに20とか30とか書いてある数字はアンペア数を意味しています。
その表示のアンペア数を超えると、電装品を保護する為にヒューズが切れるわけです。

DSCF5220

引っこ抜いてみてみると、プラスチック内で繋がっていないといけないはずの線が真ん中で溶けて切れています。

これをヒューズが切れている状態と呼びます。

そして新しいものを用意

DSCF5229

左が外したもの、右が新しく用意したもの。見づらいですが、その差は歴然です。

もとあった場所に差し込めば、シガーソケット復活です。

DSCF5237

ちゃんとライトも点きました♪

あとは外したパネルを元の通りに取り付ければ完成です。

特に難しいことはないので素人の方でも作業可能です。

電装品のチェックは検電テスターがあると便利ですね!

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪


工具をお探しでしたらコチラの記事をご覧ください
カーナビを取り付ける時に便利なオススメ工具たち
カーナビを取り付ける際にあると便利な工具を紹介致します。 自動車にカーナビを取り付ける時に便利なオススメ工具たち 工具 必ず必...

スポンサーリンク
アドセンス336*280
アドセンス336*280

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス336*280