215系ハイラックスサーフにカーナビを取り付ける方法

スポンサーリンク
ハイラックスサーフ

ハイラックスサーフのカーナビ取付をしました。

作業したのはこちらの215系後期型のハイラックスサーフです。

※グレードなどは不問かと思いますが、グレード、仕様により作業内容が異なる可能性がございます。

スポンサーリンク

215系ハイラックスサーフにカーナビを取り付ける方法

デッキが何も付いていない状態です。

インパネ(オーディオパネル)を外す

この型のサーフのデッキ交換は少々大変です。

インパネ(オーディオパネル)を外す為には、センターコンソールごと取り外す必要があります。
別記事にて紹介しているのでご参照ください。
215系ハイラックスサーフのセンターコンソールとインパネの外し方

グローブボックスを外す

地デジのフィルムアンテナを取り付ける時にグローブボックスの裏に配線をしたいので、グローブボックスを外します。
こちらも別記事にて紹介しています。
215系ハイラックスサーフのグローブボックスとステップトリムの外し方

フィルムアンテナの取付

フィルムアンテナを取り付ける為に、ピラートリムを外します。

ピラートリム外し

助手席側のピラートリムを外します。

ピラーハンドルに着いている目くら蓋を外します。

するとボルトが出てくるので外します。

するとピラーハンドルが外れます。

淵についているウェザストリップゴムを外します。
※ピラー部分だけ浮かせるだけでokです

ピラートリムはクリップで刺さっているので、浮かせるようにして外します。

上の方から外していって、最後に根元を上に引き抜くようにします。

これでピラートリムが取り外せます。

フィルムアンテナの貼り付けと線の取り回し

フィルムアンテナは各ナビの取付説明書に倣って取り付けます。

アンテナ線はダッシュボードとピラーの間に出来た隙間に入れます。

※アンテナ線はピラートリムを取り付けた時に隠れるようにうまく固定しておきます。

ダッシュボードの隙間に入れたアンテナ線は、
グローブボックス裏から出てくるので、そのままグローブボックスに干渉しないようにオーディオ裏まで取り回します。

デッキに取り付けやすいように少し余裕を持たせておきます。

※長くて余った配線は、丸めてグローブボックス裏に固定しておきましょう。

デッキ取付

今回は中古の純正オプション品のカーナビを取り付けたので、デッキにそのままカプラーオンで取り付けられました。

社外カーナビを取り付ける場合

社外品(例:アルパインやカロッツェリアなど)のカーナビを取り付ける場合は、車種別オーディオハーネスキットが必要になります。

ハイラックスサーフに社外のカーナビやオーディオデッキを取り付ける場合は、エーモンから販売されている車種別オーディオハーネスキットが便利です。

電源やスピーカーのカプラーや、
車速信号・バック信号のカプラーはデッキ裏にきているので、
上記の車種別オーディオハーネスキットに付属されている
電源カプラーや車速信号カプラーを接続するだけです。

取付・接続は付属の説明書に倣って作業します。
※サイドブレーキ用の配線をアースに落とすことで走行中でも操作や映像を楽しむ事が出来ますが、運転中のナビ操作などは危険なので止めておきましょう。

※ワイドサイズのカーナビを取り付ける場合は、付属のワイドパネルは使用しません。

組み付け

デッキの両サイドにオーディオステーを取り付けます。

※オーディオステーは元々付いていたデッキの両サイドについているので、移植する必要があります。

あとは各パネルを取外しとは逆の手順で組み付けていきます。

各カプラー、ネジ、クリップの付け忘れに注意しましょう。
※分解する際に、『どんな構造で組み付けられているのか』という事を意識しながら作業をすることが、組み付けの作業スピードが速くなるコツです。

この型のサーフはナビの脱着がかなり大変なので、パネルを組み付ける前に、ナビの接続をしたら動作確認しておくのも良いと思います。

215系ハイラックスサーフに取り付けられるナビ

この型のサーフは2DINのワイドサイズが採用されていますので、その規格で探しましょう。

タイトルとURLをコピーしました