200系クラウンのウェルカムランプをLEDに交換する方法

スポンサーリンク
クラウン

クラウンのドアミラー下部に付いているウェルカムランプを純正ランプからLEDバルブに交換したので紹介いたします。

作業したのはGRS202型クラウンのロイヤルサルーンです。
同型(200系)のクラウンであれば作業内容はほぼ共通です。
(GRS200/GRS201/GRS202/GRS203/GRS204)
※一部仕様グレード等により作業内容が異なる場合が異なる場合があります。

スポンサーリンク

200系クラウンにLEDフォグランプを取り付ける方法

左側を交換してから右側を交換していきます。
もちろん順番はどちらからでも問題ありません。

左ウェルカムランプ交換

こちらのミラーを作業します

まずはドアミラーレンズを外します。
レンズは下側がクリップで差し込まれていて、上部が挟み込まれています。
下側を手前に引き出すようにしてクリップを外したら下方にスライドさせるようにして外します。
※仕様によってはミラーヒーター用の配線が来てるので、外します。

ミラーレンズが外れた状態

続いて中のねじを外してドアミラーカバーを分解します。

下側についているカプラーがウェルカムランプバルブです。

LEDに変えて念のため点灯確認します。

問題なければ逆手順で組付け作業して完了となります。
※今回は青いLEDランプに交換しました。

右ウェルカムランプ交換

左側同様にミラーレンズを外します。

ミラーレンズの土台も外しました。

ミラーカバーをバラしてウェルカムランプバルブを交換します。

LEDバルブに交換したら元通りに組み付けて作業完了となります。

クラウンのウェルカムランプのバルブ形状

バルブ形状は「T10」です。
Amazonでもクラウン200系のLEDウェルカムランプが販売されていますが、形状が同じでも奥行など大きさに限界があるのでバルブ部の大きいサイズのものは避けたほうがよさそうです。

内張はがしやクリップ外しがあると便利です。

タイトルとURLをコピーしました