スペイド/ポルテのリフトアップ(アゲサス取付)

スポンサーリンク
スペイド

スペイドにリフトアップのサスペンションスプリングを取り付けたのでご紹介します。

取り付けたのはAgesas(アゲサス)です。
また、タイヤも195/65R15へサイズアップされています。

スポンサーリンク

スペイドのリフトアップ

取り付けたもの

サスペンション

agesus(アゲサス)品番:ag-ncp141
バネレート(kg/mm):Front:2.4k Rear:2.5k
車高アップ量(mm):1インチ(25.4mm)アップ

タイヤ

MUDSTAR(マッドスター)ラジアルAT
サイズ:195/65R15

ホイール

純正スチールホイール
デイトナスタイルのセンターキャップを取り付けました。

この組み合わせなら構造変更は不要?

スペイドの15インチホイールの純正タイヤサイズは175/65R15となり、外径は608mmとなります。

タイヤサイズを195/65へ変更することで外径が634mmとなり、差の26mmの半分の分13mmだけ車高も高くなります

サスで1インチ(25.4mm)アップとなりますので、紹介のサスとタイヤを取り付ける事で合計38.4mm車高が高くなったことになります。

40mm以上の変更となると構造変更が必要となりますので、このアゲサスとタイヤ(195/65R15)の組み合わせであれば車検適合となるはずです。

タイヤサイズ外径
175/65R15(純正)608mm
195/65R15634mm
外径の差は26mmとなりますが、車高に影響でるのはホイール中央から下半分となります。

注意点

車高アップによる構造変更は不要となりそうですが、タイヤ外径が大きくなる分、スペードメーターに若干の誤差が生じます。

また、タイヤサイズが大きくなる分燃費へも多少影響が出るものと思われます。

車検適合の可否は実際の検査の判断に準じますのでご参考までに。

タイトルとURLをコピーしました