アウトランダーのバッテリー交換方法と注意点

スポンサーリンク
アウトランダー

三菱の人気SUV、アウトランダーのバッテリー交換をしたので、その方法と交換時の注意点を紹介します。

作業したアウトランダーは初代モデルのCW5W型です。

エンジンコンピューターなどの電装品がたくさんついているこちらのアウトランダーのバッテリー交換は注意が必要です。

是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

初代アウトランダーのバッテリー交換方法

バッテリー交換前に必ずメモリーバックアップを取りましょう

詳しくは別ページで紹介しています。

バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

バッテリーの位置

アウトランダーのバッテリーの位置はエンジンルーム内のこのエアクリーナーダクトの下です。

バッテリーの取外し

このようにダクトが完全に邪魔になっているので、まずはダクトを取り外さなければいけません。

この二か所のクリップをはずします

外したらダクトの根本をエアクリーナーから引っこ抜くようにして外します。

これでバッテリーの取り外しが出来ます。

まずはバッテリー端子を外します。

外す時はマイナス端子→プラス端子の順番で外します。

まずはマイナス端子を外す

続いてプラス端子。

プラス端子は赤いカバーを外すと中にあります。

端子を外したら、バッテリーを固定しているステーを外します。

両サイドのナットをゆるめることで、ステーとつながっているロッド(棒)がゆるんで取り外せるようになります。

ステーが外れたらあとはバッテリーを持ち上げて取り外すだけです。

かなり重量があるので腰を痛めたり、落として車を傷つけたり、足に落として怪我をしないように注意します。

繰り返しますが、かなり重いです。

バッテリーの組み付け

取外しまで完了したらあとは組み付けていくだけです。

作業内容は取外しと逆の手順です。

  1. バッテリーを載せる
  2. ステーで固定する
  3. プラス端子を取り付ける
  4. マイナス端子を取り付ける
  5. エアクリーナーのダクトを取り付ける

最後にメモリーバックアップを外して電装品関係に問題が無いかか確認して作業完了となります。

手順を把握しておけばとても簡単なので是非DIYにチャレンジしてみてください。

10mmのソケットドライバーがあると作業がはかどるのでオススメです。

初代アウトランダーのバッテリー交換の注意点まとめ

最後に初代アウトランダーのバッテリー交換時の注意点をまとめました。

メモリーバックアップをとる

バッテリー交換時はメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。

バックアップをしておかないと学習していたエンジンコンピューターがリセットされて、エンジンの調子が悪くなる可能性があるので注意が必要です。
詳しくは別記事でも紹介しています。

端子の取外し・接続順序

バッテリー端子を外す時は
マイナス端子を外してからプラス端子を外すようにします。

接続する時は取外しとは逆に、
プラス端子を接続してからマイナス端子を接続するようにします。

マイナスで始まってマイナスで終わる」と覚えましょう。

初代アウトランダーのバッテリー選びは大切

エンジンコンピューターなどの重要な電装品を装着する初代アウトランダーのバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。

バッテリー専門店のカーエイドなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配も無く、安心して購入出来ます。

初代アウトランダーのバッテリーは下のバナーから購入出来ます。
※車検証をお手元に用意してご確認下さい。

※ホームセンターやカー用品店などで単に安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。

タイトルとURLをコピーしました