【夏用・冬用】タイヤ交換を安く済ませる方法

自動車をお乗りの方で悩みの種になるのがタイヤ交換です。
タイヤは車を走らせるだけで消耗するのはもちろん、走らない場合でもゴムの劣化により交換が必要になります。

冬になれば冬用のスタッドレスタイヤを用意しなければいけないし、
夏になれば夏用のサマータイヤに戻さないといけません。

もちろん、
タイヤは買うだけではなく取付も行わなければいけません。

なのでカー用品店やタイヤ専門店などで注文する事になりますが、かなりの費用になることもしばしば・・・

そこで今回はタイヤ交換をより安く済ませる方法を紹介したいと思います。

結論:AUTOWAY(オートウェイ)

まずはタイヤを用意しなければなりませんが、ここで活用したいのがネットショッピングです。

ネットショップはたくさんありますがタイヤに関して言えばAUTOWAY(オートウェイ)一択です。



タイヤ買うならオートウェイの5つの理由

  1. 輸入タイヤ通販実績No1
  2. プライスリーダーと呼ばれる価格を実現
  3. 安心の品質と豊富な品揃え
  4. 最短翌日到着
  5. 徹底したサポート

AUTOWAYはタイヤ検索が簡単!

ご希望の商品を選択後、車種選択で愛車を選んで頂ければ愛車に合ったサイズを検索できます。

        

タイヤ選びの基礎知識

タイヤサイズの表示の見方や、タイヤタイプの違いなど、タイヤの基礎を知りたい方はコチラをチェック

タイヤの取付はグーピットで!

タイヤを購入しても組替、取付が出来ないと意味がありません。
やろうと思えばジャッキとレンチがあれば可能ですが、取り付けミスによるタイヤの脱落など万が一の事を考えると整備工場やプロショップに任せたいところです。

そこで活用したいのがグーピットです。

グーピットは中古車の検索サイト『グーネット(Goo-net)』のプロトコーポレーションが運営する自動車工場の検索サイトです。

グーピットならお住まいの地域にある、パーツ持込み対応の整備工場を簡単に検索する事が出来ます。
しかも工場の検索見積もり共に無料で使えます!

ちなみにタイヤ組替工賃は1本につき2000~3000円くらいが相場です。

タイヤ組替交換の参考工賃
1本につき2000~3000円
※タイヤサイズによって異なります。

以上のようにAUTOWAYとグーピットを上手く活用する事で、カー洋品店などでタイヤ交換をするより格段に安く済ませる事が可能となります。

※問い合わせる際は以下のものを手元に用意しておくとスムーズです。

  • 車検証
  • タイヤのサイズ、個数



  • 最後までご覧頂き有難うございました

    この記事は役に立ちましたか?
    「このページをまた見たい」
    と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪

    フォローする