部品持ち込み対応の整備工場を活用しよう

自動車ネタ

ネットショッピングを活用してカー用品を購入すると、その部品代はかなり安く手に入れる事が出来ます。

Yahoo!ショッピングや楽天市場でカーナビの価格を見てみると、
オート○ックスやイエ○ーハットなどのカー用品店よりも数万円安く販売しているのも見受けられます。
これは見逃せませんよね!

ただし問題があるのも忘れてはいけません。

その問題とは、
購入したカーナビや部品などの取り付け問題です。

取り付けミスで大きな代償も・・・

素人が半端な知識で取り付けを行おうとすると、まずは工具を用意しなければいけません。
部品によってはその時しか使わないような特殊な工具が必要な場合もあります。

また、作業に慣れていない人が取り付けを行うと多くの作業時間が掛かってしまい1日あっても終わらないという事もあります。

さらには、
最近の電装品を多く使用している車種を作業するうえで取り付けミスなどをしてしまった場合、
ショートして走行不能になるという事もあり得なくもありません。

実際にホンダのハイブリッド車で、
ルームランプをLEDにしようとしたら不意のミスで配線ショートしてしまい、
エンジン始動が出来なくなってしまった事例もあります。
※エンジンコンピューターが異常を感知して始動不可になったようです。

自分で作業をすれば工賃が掛からず最安値で取り付けられることには間違いありませんが、そこにはリスクが潜んでいることを忘れてはいけません。

部品持ち込み対応の整備工場を活用しよう

そこで頼りになるのがディーラーや民間業者が運営している自動車整備工場や、自動車鈑金工場です。

整備・鈑金工場で出来る作業例

  • 車検や定期点検整備
  • オイル交換やタイミングベルト交換などの整備やメンテナンス
  • カーナビ、ETC、ドライブレコーダーなどの取付
  • 傷やヘコミの塗装修理
  • エアロの取付
  • LEDやHIDライトの取付
  • ホイールやタイヤの交換
  • などなど

    そう、
    自動車整備工場や鈑金工場であれば部品やパーツの取付が可能となります!

    ただし自動車工場を利用する際は注意点(デメリット)も存在するので注意が必要です。

    部品持込み際の注意点

    部品持込みの際の注意点

    1. 部品に不具合があっても工場で保証してくれない
    2. 部品持込み対応の工場が限られる
    3. 部品持込み手数料が掛かる場合がある
    4. 見積もりが不透明
    5. 工場を探すのが大変

    1.部品に不具合があっても工場で保証してくれない

    当然ですが部品に不具合(初期不良など)があった場合は、取付を行う工場は関係ないので保証が効きません。
    その場合は、部品を購入したショップやメーカーなどの保証で対応をする事になります(保証付きの場合)

    ただし、保証が効いて部品の交換が出来たとしても、作業する工場からすると着けたり外したりで、倍以上の時間を要する事になるので、その場合の工賃をどうするか等の話し合いが必要になります。

    工賃に関しては部品の保証では対応してもらえない場合が多いのでトラブルになる可能性もあります。

    2.部品持込み対応の工場が限られる

    部品の仕入れから作業まで全て工場に任せる場合、部品代にも利益が乗っている場合が殆どです。
    つまり工賃以外にも部品の販売をする事で、工場の収益につながります。
    それが部品持込みになると、利益が少なくなってしまいます。

    そして上で紹介した通り、保証もつけられず万が一の際にトラブルになる可能性もあるので部品の持ち込み自体を断る工場が多くあるのも事実です。

    3.部品持込み手数料が掛かる場合がある

    部品代による収益を見込めない分、部品持込みに対応していても【持込み手数料】を請求する工場もあります。

    対応してもらえるだけ良いかもしれませんが、せっかくネットショップなどで安く購入出来た意味が無くなってしまいます。

    4.見積もりが不透明

    特殊な作業が必要になる部品の取付や整備になると『一体いくらかかるのか?』というのが不透明になり不安が残ります。

    5.工場を探すのが大変

    ただでさえ、部品持込み対応の工場は多くないので、その工場を探すとなるととても労力を要します。

    自動車整備工場を探して問い合わせて取り付けたい部品を見せて・・・
    なんてやってると時間ばかり過ぎてしまうし、とても面倒です。

    そうなると、
    「どうやって部品持ち込対応の整備工場を探して、問い合わせをするか?」
    という問題にあたりますが、これを見事に解決してくれるのがグーピットです。

    ◆ 早速グーピットで近くの修理・整備工場を検索

    グーピットで工場を検索

    グーピットは中古車の検索サイト『グーネット(Goo-net)』のプロトコーポレーションが運営する自動車工場の検索サイトです。
    グーネット=中古車検索
    グーピット=自動車工場検索

    グーピットなら工場検索が簡単!

    通常であれば、整備工場へ行って部品を見せたりして見積もりを取りますが、
    グーピットであれば今お使いのスマホやパソコンで必要事項をフォームに沿って入力していくだけで検索&見積もりできるのでとても簡単です。

    他にもグーピットを使うメリットがあります。

    グーピットを使うメリット

    1. 部品持込み対応の工場が簡単に探せる
    2. 持込み以外にも車検や鈑金の工場も検索出来る
    3. ネット上で簡単見積もり
    4. 電話をしなくても済む
    5. 問い合わせは無料

    順に説明していきますね

    1.部品持込み対応の工場が簡単に探せる

    グーピットでは工場検索の項目にパーツ持込み対応があるので一発で部品持込み対応の工場を探す事が出来ます。

    これならいちいち工場を探す手間が省けるのでとても簡単です。

    2.持込み以外にも車検や鈑金の工場も検索出来る

    部品持込み以外にも、オイル交換をしてほしい時や、車検を取りたい時などの整備工場を探したい時や、車をぶつけてしまったときのキズ・ヘコミ修理対応の鈑金工場も簡単に探す事が出来ます。

    3.ネット上で簡単見積もり

    部品持込み対応の工場が複数見つかった場合でも、スマホやパソコンで簡単に問い合わせ&見積が出来るので、自分に合った工場を選ぶ事が出来ます。

    4.電話をしなくても済む

    グーピットは工場の検索、問い合わせ、来店予約まで全てネット上で完結できるので電話をしなくても済みます。

    これなら日中忙しくて電話問い合わせが出来なくても夜間に問い合わせをしておけば済むので効率的です。

    これは自動車工場側としても、電話しながら見積をするよりも、送ってもらった情報を見ながらじっくり見積が出来ますので、より正確な見積が期待出来ます。
    また、整備などの作業中に電話が鳴ると手を止めないといけないので、そういった意味でもネット問合せは有り難いサービスとなります。

    なのでグーネットは整備を依頼したい側、そして整備をする側の双方にメリットがあるサービスと言えます。

    5.問い合わせは無料

    こんなに簡単に工場の検索と問い合わせが出来るのにグーピットは無料で使う事が出来ます。

    使い方は簡単!

    まずはグーピットの公式ページへ行って、お住まいの地域と、希望の作業を選択します。
    あとはフォームに沿って必要事項を入力するだけで問い合わせが出来ます。

    ・グーピットの公式ページへ

    問い合わせの時のポイント

    グーピットで問い合わせをする際はより詳細に情報を伝える事が、確かな見積を得る事に繋がります。

    車種、年式、型式などの車検証に記載のある基本情報に加えて、走行距離や現状の改造箇所などの状態も伝えましょう。

    そして、
    持込みたいのはどんな部品(メーカー・型番・新品か中古かなど)を取り付けてもらいたいのかを、より詳細に確実に伝える必要があります。

    そうする事で、工場側もより正確な見積を提示する事が可能になります。

    また、問い合わせの際は、部品持込みの可否や、工賃に加えて下記の項目も質問するとよいでしょう。

  • 部品持込みの際の保証の有無
  • 部品に不具合があった時の再作業の工賃
  • 代車の有無(1日あたりの代車費用)
  • 他、質問しておきたい事
  • 尚、先ほど説明したように電話問い合わせよりもネット上のフォームからの問い合わせした方が情報も正確に伝えられるし、工場側としても作業が落ち着いた時に時間をかけて返信出来るので、より正確な見積もりが期待出来ます。

    以上のように問い合わせの際のデメリットを理解した上で部品持込み対応の整備工場を利用する事で、より安く、より安心に部品交換や整備、修理を依頼事が出来ます。

    グーピットを活用して賢いカーライフを送りましょう!

    ◆ 早速グーピットで近くの修理・整備工場を検索