クロスロードのバッテリー交換方法と注意点

クロスロード

ホンダのSUV、クロスロードのバッテリー交換をしたので、交換方法注意点を紹介します。

作業したのはRT1型のクロスロードです。
RT1型は1800ccで2WDですが、型式RT2,RT3,RT4などの2000ccエンジンや4WD車も作業内容は概ね共通です。

クロスロードのバッテリー交換方法と注意点

クロスロードのバッテリーの位置は、ボンネットを開けてエンジンルームを見て、右手前にあります。

メモリーバックアップを取る

まずは作業前に電装品の保護の為メモリーバックアップを取ります。
※メモリーバックアップをとる理由は以下の記事で紹介しています
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

クロスロードのメモリーバックアップを取るOBD2カプラーは運転席のハンドル下のこのあたりにあります。

これがOBD2のカプラーです。

メモリーバックアップカプラーを差し込みます。

詳細は下記の記事をご参照ください
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

バッテリー交換

メモリーバックアップを取ったらバッテリー交換作業に入ります。

マイナス端子を外します

続いてバッテリーを固定しているステーを外しますが、そのステーにケーブルが固定されているので外します。

続いてステーを固定しているナットを緩めて外します

ステーが外れました

続いてプラス端子を外します。
プラス端子は赤いカバーがされているので外します

カバーを外すと端子を固定してるナットが出てくるので外します。

緩めて外します。

外れました。
全ての端子とステーが外れてこの状態になったら、バッテリーを持ち上げれば取り外しが出来るようになります。

バッテリーは見た目以上に重量がありますので、持ち上げる際は腰を痛めないように注意しましょう。

新しく取り付けるバッテリーを載せます

あとは取外しとは逆の手順で組み付けていくだけです。
特に端子に関してはプラス端子⇒マイナス端子の順番で組み付けるように注意します。

最後にOBD2メモリーバックアップを取り外せば作業完了となります。

HONDAクロスロードのバッテリー交換の注意点まとめ

最後にクロスロードのバッテリー交換時の注意点をまとめました。

メモリーバックアップをとる

クロスロードのバッテリー交換時はメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。
バックアップをしておかないと学習していたエンジンコンピューターがリセットされて、エンジンの調子が悪くなる可能性があるので注意が必要です

最近の車はコンピューターによる電子制御になっているので、この辺に気を使うことで無用なトラブルは避けたいものです。

詳しくは下記をご覧下さい
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

端子の取外し・接続順序

バッテリー端子を外す時は
マイナス端子を外してからプラス端子を外すようにします。

接続する時は取外しとは逆に、
プラス端子を接続してからマイナス端子を接続するようにします。

クロスロードのバッテリー選びは大切

エンジンコンピューターなどの電子制御部品を多く使うクロスロードのバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。


※ホームセンターやカー用品店などで単に安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。

バッテリー専門店のカーエイドなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配も無く、安心して購入出来ます。

クロスロード専用のバッテリーは下のバナーから検索出来ます。
車検証を手元に用意すると検索がスムーズです。

さらに、万が一に備えてJAF会員になっておけばバッテリー上がりはもちろん、それ以外のトラブルにも対応出来ますね。

JAF