【2017年】カーナビ選びに迷ったらコレ!コスパ抜群のオススメナビ【MDV-L504(W)】

スポンサーリンク
カーナビ・オーディオ


カーナビ選びに迷ったら間違いなくオススメするのがKENWOOD(ケンウッド)の彩速ナビシリーズです!

その彩速ナビの中でも車ネタ.comがオススメするのが
中堅(スタンダード)モデルのLシリーズです!

このページでは
彩速ナビLシリーズの上位機種であるMDV-L504(W)(2017年モデル)がオススメな4つの理由と共に紹介します!

紹介する機種

MDV-L504(ノーマル2DINコンソールサイズ)

MDV-L504W(ワイド2DINコンソールサイズ)

スポンサーリンク

彩速ナビMDV-L504(W)がオススメな4つの理由

1.充実エンタメ!ドライブが最高に楽しくなる!

4チューナー&4ダイバーシティ方式の地上デジタルTVチューナーでキレイな映像で地デジを楽しめる!

Bluetooth内臓でハンズフリー通話や、外部音楽機器を接続出来る!

もちろん、DVDも見れるしUSB接続も可能!

さらにSDカードへの録音まで出来てしまいます!

例えば、こんな時に!
・毎日の通勤、通学の時に!
・家族旅行や送り迎えなどの子供の暇つぶしに!
・友達と郊外のアウトレットへドライブに行くときも!
・ドライブデートの際も!
最高に雰囲気を盛り上げてくれること請け合いです!

ただし、動画や音楽の選曲はドライバーのセンスに掛っています、、、笑

2.フリック操作でサクサク検索!

一昔前のカーナビのタッチパネルだとフリック操作が出来ませんでした。

なので、
スマホになれている人だとかなり操作性が悪く、
使い勝手が悪く感じていたと思います。

しかし、
この彩速ナビLシリーズなら
スマホのようにフリック操作が可能!

目的地検索の入力や、
地図の移動や縮小拡大がサクサク簡単に出来ます!

普段、スマホを使っている人にとってはかなり使いやすいナビですね(^^♪

3.地図が最新版!

現行の2017年モデルなので地図データが最新!
(当たり前ですね(^^;

嬉しいことに、地図更新が1年間無料でついてきます!

まさに今が買いのモデルとなります!

中古ナビはオススメ出来ない?
中古パーツショップやネットオークションで型遅れのリサイクル品を購入するのも良いですが、
地図データも古く、更新には費用が掛かったり、所詮中古品なので故障リスクも高く、
オススメ出来ません。

4.コスパ抜群!

なんといってもコスパが抜群なんです!

つまり、、、
値段が安い!(コレ大事!)

一昔前ではこれだけの機能がついていたら
軽く20万オーバーはしていましたね、、、

それが今では、
技術の進歩なのか、
企業努力の成果なのか・・・
「え!ここまでついてこの金額なの?」
といった感じで我々消費者にはうれしい限りです(^^♪

詳しくは記事後半のリンク先からご確認ください!
※Amazon、楽天市場、Yahooショッピングの価格比較が出来ます。

機種の選び方

サイズは2種類ある

サイズは2展開
・ノーマル2DINサイズ(180mm)がMDV-L504
・ワイド2DINサイズ(200mm)がMDV-L504W

型式で見分けるポイント
ナビ型式の最後に【W】がつくとワイドサイズになります。

ノーマルかワイドを選ぶ基準

ほとんどのトヨタ・ダイハツ車では、
オーディオコンソール形状がワイド(200mm)になっています。

最近では、日産、スズキやスバルなどもワイドコンソールになってきました。

ワイドサイズを採用している車種は是非ワイドサイズを選択しましょう。
※詳しくは後述の紹介動画をご覧ください。

金額も2~3000円くらいの差しかありません。

分からない時はノーマルサイズ

車種によっては販売年式によってワイドサイズのコンソールを採用していない場合もあります。
自分の車種のコンソールサイズを確認してから注文しましょう。

ノーマルサイズのナビであれば、ワイドコンソールの車種にも使えます。

分からなかったり、不安な方はノーマルサイズのナビを選びましょう。

ノーマルコンソールワイドコンソール
ノーマルナビ使える使える
ワイドナビ使えない使える

ただし、20年前くらいのクルマになると
1DINサイズしかコンソールにスペースが無かったりしますので注意

L404(W)ってどーなの?

今まで紹介したL504(W)の下位モデルにL404(W)がありますが、
テレビがワンセグとなってしまいますし、Bluetooth接続がありません。

それだと、
彩速ナビのポイントである充実のエンタメを充分に楽しむ事は出来ませんね、、、
なのでL504(W)がオススメになります!

ちろん!
「テレビはほとんど見ない!」という方は
さらに値段が安いL404(W)は選択肢として充分有り!です

オプション部品も充実!

今流行りのドライブレコーダーをナビに接続して連動する事が可能!

さらに純正ステアリング(ハンドル)についているリモコンも使用可能になり使い勝手もUP!

もちろんバックカメラも使えます!

彩速ナビ対応ドライブレコーダー

車のステアリングに着いているスタリングリモコンにも対応可能!

別売りのアダプターを取り付けることで純正ステアリングリモコンでナビ操作が可能になります!
ステアリングリモコンが使えれば運転中に音量の調整などできるのでさらに使い勝手が良くなります(^^♪

バックカメラを取り付ける場合

尚、こちらのLシリーズに取り付けられるバックカメラはKENWOOD製の専用品となります。

KENWOOD以外のカメラは使えないのか?

大丈夫です。
「使えます!」
もともと純正のバックカメラが付いている場合や、
Kenwood以外のバックカメラを使用したい場合は、
専用のコネクタを使うことで流用が可能なのでご安心を!

使い方は簡単でカメラの配線とナビのコネクタの間に噛ませるだけ!

紹介動画

KENWOODの公式紹介動画もあります。
こちらでフリック入力やコンソールサイズの説明もされていますので是非ご覧下さい

ネット注文で早い!安い!

KENWOODの彩速ナビは、
Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングから購入可能です。

ネットショッピングを利用する事でカンタンに値段を比較したり、
各ポイントを貯める事も出来ます。

また、Amazonプライム会員になれば最短で翌日に到着するので
『すぐ取り付けたい!』という方にも嬉しいところですね!

Lシリーズ上位モデル

MDV-L504(ノーマル2DINサイズ)オススメ!

MDV-L504W(ワイド2DINサイズ)オススメ!

Lシリーズ下位モデル

MDV-L404(ノーマル2DINサイズ)

MDV-L404W(ワイド2DINサイズ)

まとめ

以上、2017年最新版のオススメカーナビの紹介でした。

かんたんにまとめてみます。

コンソール地デジBluetooth値段
MDV-L504Wワイドフルセグ
MDV-L504ノーマルフルセグ
MDV-L404Wワイドワンセグ×
MDV-L404ノーマルワンセグ×

とにかく!MDV-L504(W)は
機能が充実し、価格も安いので
本当にコスパ抜群なんです!

ネットで注文して、
自分で取り付ける事でさらに安く済ませることが出来ます。

是非、当サイトをご覧になりDIYにチャレンジしてみてください!

自分で取り付けると愛着もひとしおです(^^)♪
お気に入りのナビでLet’sドライブ!

タイトルとURLをコピーしました