SH5/9型フォレスターにKENWOODのドライブレコーダーを取り付ける

フォレスターにKENWOODのドライブレコーダー(KNA-DR350)を取り付けました。

作業したのはSH9型のフォレスター 2.5 S-EDITIONです。
作業内容的には他のグレードでもSH5型でも共有かと思います。

※今回は電源をカーナビの裏側から取りました。
カーナビの取り外しや、ピラートリムの取り外し、グローブボックス外しはこちらの記事をご参照ください。
SH系フォレスターのカーナビ取付方法
スポンサーリンク

SH5型フォレスターにドライブレコーダーを取り付ける

こちらのドライブレコーダー取り付けます。

まずはドライブレコーダーを取り付ける位置を決めて、貼り付けます。
貼り付ける箇所は汚れを取って脱脂をしておきます。

脱脂剤を持っていない場合は、パーツクリーナーをティッシュに吹き付けて拭くだけで汚れ取り&脱脂の効果があり、しかも簡単なのでオススメです。

ドライブレコーダーを貼り付けます

配線を接続します。

配線はフロントガラスとルーフトリムの隙間に入れて隠しながら、左のフロントピラーまで取り回します。

フロントピラートリム内で隠れるように取り回します。

フロントピラーとダッシュボードの隙間に配線を入れて、グローブボックス裏に取り回します。

そのままグローブボックス裏からカーナビの裏まで取り回します。

カーナビの裏に出てきたら、ソケット変換用のハーネスとつなげて、各配線と接続します。

エーモンから販売されている電源ソケットが使いやすいです。

電源を接続したら、エンジンキーをONにして動作確認をして完了となります。