D53A型エクリプススパイダーのバッテリー交換方法と注意点

エクリプススパイダーのバッテリーを交換しました。
交換方法と交換したバッテリーサイズ、それと交換時の注意点を紹介します。

作業したのはD53A型のエクリプススパイダーです。

同型のエクリプススパイダーであれば作業内容は共通となります。
※一部のグレード、仕様によっては作業内容が異なる場合もございます。

スポンサーリンク

D53A型のエクリプススパイダーのバッテリー交換方法と注意点

バッテリーの位置

D53A型のエクリプススパイダーのバッテリーはエンジンルームの左ハンドル運転席の前あたりにあります。

オプティマのレッドトップが取り付けられていました。
※型番は後半で紹介します。

メモリーバックアップをとる

エンジンコンピューターやオーディオなどの電装品の重大なトラブルを避けるためにバッテリー交換作業前にメモリーバックアップを取ります。
メモリーバックアップについて詳しくは別記事にて紹介しております。
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

バッテリー交換

メモリーバックアップをとったらバッテリー交換をします。

バッテリーはステーで固定されているので、外します。
ナット2個で固定されているだけなのでカンタンに外せます。

ステーと繋がってる棒が下で引っかかってるので上手く外します。

ステーが外れました。

次にバッテリー端子を外します。
必ずマイナス端子⇒プラス端子の順番で外します。

まずはマイナス端子を外す。

続いてプラス端子を外します。
プラスは赤いカバーで隠されています。

カバーを外して端子を外します。

バッテリー端子とバッテリーステーを外したら、バッテリーを取り外すことが出来ます。
※バッテリーはとても重いです。持ち上げる時は腰を痛めないように注意しましょう。

新しいバッテリーを搭載します。
※詳細な型番は後半で紹介します。

組み付ける際は、取外しとは逆の手順で組み付けます。
バッテリー端子もプラス端子⇒マイナス端子の順番で接続します。

ステーで固定して、メモリーバックアップを取り外せば作業完了となります。

D53A型のエクリプススパイダーのバッテリー交換の注意点まとめ

最後にD53A型のエクリプススパイダーのバッテリー交換時の注意点をまとめました。

メモリーバックアップをとる

D53A型のエクリプススパイダーのバッテリー交換時はメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。

バックアップをしておかないと学習していたエンジンコンピューターがリセットされて、エンジンの調子が悪くなる可能性があるので注意が必要です

詳しくは⇒バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

端子の取外し・接続順序

バッテリー端子を外す時は
マイナス端子を外してからプラス端子を外すようにします。

接続する時は取外しとは逆に、
プラス端子を接続してからマイナス端子を接続するようにします。

D53A型のエクリプススパイダーのバッテリー

元々ついていたオプティマバッテリーのレッドトップの型番は8020-255です↓

交換したバッテリーはACデルコの26-6MFです↓

実際に搭載したバッテリーなので、この2つであれば取付可能となります。

以上、D53A型のエクリプススパイダーのバッテリー交換でした。