V35型系スカイラインのバッテリー交換方法と注意点

スカイラインのバッテリー交換を行ったので、交換方法とその際の注意点(重要を紹介致します。

作業したのはCPV35のスカイラインクーペです。

同型のスカイラインであれば作業内容は共通となります。
※一部のグレード、仕様によっては作業内容が異なる場合もございます。

V35型系スカイラインのバッテリー交換方法と注意点

バッテリーの位置

スカイラインのバッテリーはエンジンルームの助手席の前あたりにありますが、カバーがあるので外さなければいけません。

カバーはクリップで留まっていますので外します。

アストロから販売されているクリッププライヤーが使いやすくてオススメです。

クリッププライヤーで中の小さいまるをつまんで、、、

上に引き抜くように力を入れればクリップが外れます。

全てのクリップを外します。

クリップを外したらプラスチックカバーをゆっくり外していきます。

全て外しましょう。

プラスチックカバーが外れると、バッテリーが出現し、取外しが出来るようになります。

メモリーバックアップをとる

エンジンコンピューターやオーディオなどの電装品の重大なトラブルを避けるためにバッテリー交換作業前にメモリーバックアップを取ります。
メモリーバックアップについて詳しくは別記事にて紹介しております。
バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

メモリーバックアップを用意します。

35型スカイラインのOBDⅡカプラーは運転席ハンドル下のこのあたりにあります。

上記の写真の位置を下からのぞき込むと、小さな目くら蓋があります

これを外すとOBDⅡカプラーが出てきます。

メモリーバックアップをとります。

バッテリー交換

メモリーバックアップをとったらバッテリー交換をします。

バッテリー端子を外す時はマイナス端子⇒プラス端子の順番で外します。

まずはマイナス端子を外す。

続いてプラス端子を外します。

バッテリーを固定しているステーを外します。

バッテリー端子とバッテリーステーを外したら、バッテリーを取り外すことが出来ます。
※バッテリーはとても重いです。持ち上げる時は腰を痛めないように注意しましょう。

新しいバッテリーを搭載します。

組み付ける際は、取外しとは逆の手順で組み付けます。
バッテリー端子もプラス端子⇒マイナス端子の順番で接続します。

プラスチックカバーを元の通りに取り付けて、メモリーバックアップを取り外せば作業完了となります。

V35型スカイラインのバッテリー交換の注意点まとめ

最後にV35型スカイラインのバッテリー交換時の注意点をまとめました。

メモリーバックアップをとる

V35スカイラインのバッテリー交換時はメモリーバックアップを取る事をお勧め致します。

バックアップをしておかないと学習していたエンジンコンピューターがリセットされて、エンジンの調子が悪くなる可能性があるので注意が必要です

詳しくは⇒バッテリー交換の必需品!OBD2を使ったメモリーバックアップのススメ

端子の取外し・接続順序

バッテリー端子を外す時は
マイナス端子を外してからプラス端子を外すようにします。

接続する時は取外しとは逆に、
プラス端子を接続してからマイナス端子を接続するようにします。

V35型スカイラインのバッテリー選びは大切

大排気量でハイパワーを誇るV35型スカイラインのバッテリーの購入は、パワーと長寿命を実現したメンテナンスフリーバッテリーを扱うカー・エイドがオススメです。


※ホームセンターやカー用品店などで単に安売りされているものは、パワー・寿命に疑問があり、最悪の場合外出先でのバッテリー上がりになる可能性もあるのでオススメしておりません。

バッテリー専門店のカーエイドなら車種別に検索できるので、バッテリー購入でありがちな「間違えた品番を購入してしまう」という心配も無く、安心して購入出来ます。

V35型スカイラインのバッテリーはコチラのバナーから検索出来ます↓

さらに、万が一に備えてJAF会員になっておけばバッテリー上がりはもちろん、それ以外のトラブルにも対応出来ますね。

JAF