GRX120系マークXのキーレス電池の交換方法

マークXのキーレスでドアロックのON・OFFが出来なくなってしまったので、キーレスの電池を交換しました。

作業したのはGRX120型のマークXです。

キーレスの形状が同一であれば、形式はGRX121でもGRX125でも作業内容は共通かと思います。
※仕様により作業内容が異なる場合もございます。

スポンサーリンク

GRX120系マークXのキーレス電池の交換方法

こちらのキーレスの電池を交換致します。

キーレスの分解

赤丸の位置に切り欠きがあるので、マイナスドライバーなどを入れてテコの原理で二つに割るように力をいれます。

するとキーレスが二つに割れます。
中にキーレスのユニットが入っているので取り出します。

キーレスのユニットにも切り欠きがありますので、コインなどを使って二つに割るように力を入れていきます。

すると分割されてボタン電池が出てきます。

電池の交換

これを交換します。

GRX120系マークXのキーレスのボタン電池の型番
CR2016が使われています。
海外産よりもパナソニックなどの国内メーカーがオススメです。

組み付け

ボタン電池を交換したら分解とは逆の手順で組み付けていきます。
ネジなどは使われていないのでパチン、パチンとはめ込んでいくだけです。

確認

全て組み付け終わったらキーレスが作動するか確認します。

電池切れても設定はリセットされないなので、そのまま使えるようになっています。

万が一作動しない場合は再度分解してプラスマイナスが合っているか確認し、組み付け直しをしてみましょう。
それでも動かなければキーレスユニット自体の故障か、車両側のコンピュータの故障が考えられるのでディーラーで点検されることをオススメします。