K12型マーチにドライブレコーダーを取り付ける方法

マーチにドライブレコーダーを取り付けたので紹介します。

作業したのはAK12型のマーチです。
DSCF7346
12型のマーチであれば作業内容は共通です。
※グレードや仕様で異なる場合もあります。

スポンサーリンク

K12型マーチにドライブレコーダーを取り付ける方法

オウルテックのドラレコ

今回取り付けるドライブレコーダーはオウルテックのOWL-DR01-BKです。
KENWOODやCELSTARとの比較動画を見ると良さげですね。


・SONY製高感度低ノイズセンサー搭載のドライブレコーダー
・最大1920×1080の高解像度
・60fps/30fpsで滑らかに撮影
・HDMI出力搭載でテレビに出力可能
・GPS標準装備

各部品を外す

カメラはフロントガラス上部に取り付けるので、配線をキレイに取り回す為に、フロントピラーのトリムとグローブボックスを外します。

フロントピラートリム外し

左のフロントピラー(Aピラー)のトリムを外します。
・フチのゴムを外します
dscf2113

・すべて外さず、ピラー部分だけ浮かせればOKです。
dscf2116

・トリムはクリップではまってるので、内貼りはがしを利用して浮かせるようにして外します。
dscf2122

・最後に上に引き抜くようにして外します。
dscf2124

外れました。
dscf2128

グローブボックス外し

dscf2145

グローブボックスを開けて上部のこの箇所のネジを外します。
dscf2147

次に下部のネジを外します。
dscf2155

するとグローブボックスが丸ごと外れます。
dscf2166

取り付け

カメラを取り付ける際は、取り付け面の掃除(脱脂)をします。
パーツクリーナーをティッシュに吹き付けるだけで充分な効果を発揮します。
dscf2101

dscf2108

配線を接続します。
dscf2137

配線はフロントガラスとルーフトリムの隙間に入れて隠します。
dscf2139

そのままフロントピラーを通して、グローブボックスの裏に取り回します。
こうすることで配線をむき出しにしないでスマートに取り付けることが出来ます。
dscf2168

今回は助手席足元に電源を持ってきますのでこんな感じです。
dscf2172

余った配線はグローブボックス裏の邪魔にならない場所に丸めて固定しておきます。
dscf2171

電源はシガーソケットです。
2口のシガーソケットを取り付けて、助手席足元に取り付けます。
※シガーソケットの配線もグローブボックス裏を通すことでスマートに取り付けられます。
dscf2175

dscf2177

先ほどのカメラの電源をシガーに差し込んで完成です。
dscf2179

録画用のSDカードを入れるのを忘れずに!
dscf2185

組み付け

取り外していた部品を組み付けます。

組み付けは分解とは逆の手順で作業します。
カプラーやクリップの付け忘れに注意しましょう。

Amazonでドライブレコーダーを検索↓

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪


工具をお探しでしたらコチラの記事をご覧ください
カーナビを取り付ける時に便利なオススメ工具たち
カーナビを取り付ける際にあると便利な工具を紹介致します。 自動車にカーナビを取り付ける時に便利なオススメ工具たち 工具 必ず必...

スポンサーリンク
アドセンス336*280
アドセンス336*280

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス336*280