L150系ムーヴのドアロックアクチュエーター交換方法

L150系のムーヴの助手席側のドアロックが出来なくなってしまったので、ドアロックアクチュエーター交換をしました。

ドアロックが使えなくなる一番の原因はこのドアロックアクチュエーターの故障が考えられます。

作業したムーヴは150系(L150SL152S・L160S)です。
DSCF7726

グレードはL、カスタムX、カスタムR、カスタムRS、リミテッド、ターボ、4WDも構造は同じなので作業内容は同じとなります。
※一部グレードによっては仕様により作業が異なる場合がございます。

スポンサーリンク

L150系ムーヴのドアロックアクチュエーター交換方法

ドアロックのアクチュエーターはドアの内部に収まっているので、ドアの内張りを外す必要があります。

150系ムーヴのドア内張りの外し方はコチラの記事で紹介しているのでご参照ください
http://kurumaneta.com/2016/09/move-150-doortrim/

dscf0467

ビニールカバーを剥がしておきます。
dscf0469

ドアインナーハンドルを外して、ハンドル裏で繋がっているワイヤーを外します。
dscf0481

dscf0483

dscf0484-1

内部を覗くと、ドアアウターハンドルに繋がっているロッドと、キーロックシリンダーに繋がっているロッドがありますので、上のアウターハンドルに繋がっている方を外します。
プラスチックでロックされているので割らないようにロックを外します。
dscf0486-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

キーロックシリンダーに繋がっているロッドはアクチュエーター側から外した方が簡単です。
こちらもプラスチックロックを外せば簡単に外れます。
dscf0507

ドアロックアクチュエーターを固定しているネジと、窓ガラスのレールを固定しているボルトを外します。
dscf0476-2

ボルトを外したら、窓ガラスのレールを下に引き抜くように外します。
※この時窓ガラスは開けずに、上まで閉めておきます。
dscf0516

レールを外すとアクチュエーターが外せるようになります。
dscf0521

アクチュエーターに刺さってるカプラーを抜いて、外に取り出します。
dscf0523

取り外せました。
ドアロックアクチュエーターはカプラーが刺さっていた黒い部分です。
dscf0532

中古品や新品を用意したらこのアクチュエーターだけ交換すれば大丈夫です。
dscf0537

組み付ける際は、取外しとは逆の手順で作業します。

ネジの付け忘れや締め忘れ、カプラーの差し忘れに注意しましょう。

全て組み付けたら作動確認をして完了となります。
dscf0467

最後までご覧頂き有難うございました

この記事は役に立ちましたか?
「このページをまた見たい」
と思った時にすぐにアクセス出来るように、今お使いのパソコン、スマホでこのページを【ブックマーク】【お気に入り】に追加しておいて頂ければ、次回見る時にわざわざ検索をして探さなくても済むのでスムーズです(^^♪


工具をお探しでしたらコチラの記事をご覧ください
カーナビを取り付ける時に便利なオススメ工具たち
カーナビを取り付ける際にあると便利な工具を紹介致します。 自動車にカーナビを取り付ける時に便利なオススメ工具たち 工具 必ず必...

スポンサーリンク
アドセンス336*280
アドセンス336*280

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス336*280