L880K型コペンのサイドブレーキハンドルカバーの交換方法

コペンのサイドブレーキハンドルカバーを交換したので紹介します。
固いからって切って交換している人もいますが、切らずに交換したので参考にしてください。

作業したのはL880K型のコペンです。
dscf2526
アクティブトップグレードにアルティメットエディションのサイドブレーキカバーを取り付けました。
※グレードにより仕様が異なるかもしれませんが大まかな作業内容は共通です。

スポンサーリンク
アドセンス336*280

L880K型コペンのサイドブレーキハンドルカバー交換方法

こちらのサイドブレーキカバーをアルティメットエディション用に交換します。
dscf4787

L880K型コペンのサイドブレーキハンドルカバー取外し

先端のポッチをくるくる回して外します。
dscf4793

dscf4794

ポッチを外すと中にバネがあります。
ポッチとバネは再利用するので、紛失しないように注意します。
dscf4804

サイドブレーキハンドルカバーは非常に硬いので、潤滑剤など用いて外します。

dscf4813

相当硬いので気合いで外します
※どうしても外れない場合は、カッターなどで二つに切って外します。
dscf4809

dscf4817

外れました
dscf4822

L880K型コペンのサイドブレーキハンドルカバー取り付け

取り付けは、単純に取外しと逆の手順で作業します。
dscf4826

がっちり固定します。
dscf4828

ばねを入れて先端のぽっちをくるくる回して取り付けます。
dscf4833

完成です。
dscf4836

作業内容自体は単純ですが、脱着の際はとても硬いので大変です。

これを機会にサイドブレーキブーツもカーボンルック仕様にしてみるのも面白いと思います!