L880K型コペンにカーナビを取り付ける方法

コペンに着いていたオーディオデッキを取り外して、カロッツェリアのHDDナビ(AVIC-ZH0009)を取り付けたので紹介します。

作業したのはL880K型のマニュアルシフトのコペンです。
dscf2526
※グレード、仕様により一部作業内容が異なる可能性があるかもしれませんが、大まかな作業内容は共通かと思いますのでご参照ください。

スポンサーリンク

L880K型コペンにカーナビを取り付ける方法

こちらのオーディオデッキを取り外して、新しくカロッツェリアのHDDナビ(AVIC-ZH0009)を取り付けます。
dscf4478

デッキの取外し方

まずはインパネ周りに傷防止でマスキングテープなどで保護します。

内貼りはがしを使ってオーディオパネルを浮かせるように外していきます。
dscf4481

プラスチックなのでヒビや割れが入らないように注意します。
dscf4484

外れました。
dscf4486

デッキ本体の取外し

デッキは、デッキの左右に取り付けられているオーディオステーによって固定されているので、そのオーディオステーを固定している4本のネジを外します。
dscf4487

ネジを外したら、デッキを手前に引くと取り出せるようになるので、裏側についている電源カプラー、アンテナ線など全て外します。
dscf4493

取外せました。
dscf4495

取り外したデッキの左右についているこのオーディオステーは、取り外して新しく取り付けるカーナビに付替えておきます。
これを付替えておかないとカーナビの取付(固定)が出来ません。
dscf4497

フィルムアンテナを接続する場合

フィルムアンテナを取り付ける場合はピラートリムやグローブボックスを外す必要があります。

コチラの記事で紹介していますのでご参照ください。
L880K型コペンのピラートリムを外してフィルムアンテナを取り付ける方法

組み付け

電源ハーネス・車速・バック信号の接続

このコペンの車速センサーはバック信号、サイドブレーキ信号と共にオーディオ裏にカプラーできています。
なので、このハーネスのセットを使用する事でカンタンに接続する事ができます。

※ただし、コペンにリアスピーカーの設定が無いので、リアスピーカー用のハーネスは使用しません。

カプラーは下の写真をご参照ください。
1.車速・バック・サイドブレーキ信号カプラー
2.電源&フロントスピーカー用カプラー
dscf45671

ナビと配線を接続する

電源などの配線が全て用意出来たら、カーナビと接続します。

地デジアンテナ、GPS、ラジオアンテナなど付け忘れや、接触不良に注意しながら作業します。
dscf4621

配線を接続したら、オーディオステーを使って車両に固定します。
その際に電源を入れて動作確認もしてしまいます。
dscf4622

問題無ければ各部品、トリム類を、取り外した時と逆の手順で組み付けて完成となります。
img_4824

確認

もし動作しなかったら?
配線が接続されているか、接触不良を起こしていないか確認します。

アースが落ちているか確認します。

ヒューズが飛んでいないか確認します。

注意

コペンに着くナビサイズですが、ダイハツですがワイドサイズを採用していません。
なので通常の2DINサイズのカーナビをお探しください。
もちろんAmazonでもご購入いただけます。

スポンサーリンク
アドセンス336*280